マクロン大統領とオランド元大統領はエリゼ宮殿で握手を交わした。(Thierry Chesnot/Getty Images)

写真拡大

 フランス大統領エマニュエル・マクロン氏の就任式が14日、厳粛な雰囲気のなか、行われた。38歳、フランス史上最年少の大統領が誕生した。マクロン氏は就任演説で、選挙によって引き裂かれたフランス社会をまとめ、更に自信にあふれた強いフランスを作っていくと話した。閣僚人事は近日中に明らかになる見通しだ。

 1週間前に66%の得票率で大統領に当選したマクロン氏は、エリゼ宮殿(大統領府)でオランド前大統領と私的な会談を行った。その後、来賓とともに就任式典に臨み、第25代フランス大統領に就任した。オランド氏は別れを告げ、民衆の拍手の中でエリゼ宮殿を後にした。

 ブリジット夫人はルイ・ヴィトンの青いスーツをまとい、大統領より少し前にヴェルサイユ宮殿に到着した。今年64歳になるブリジット夫人はフランス史上最高齢のファーストレディーだ。記念撮影を終えた後、大統領夫妻は凱旋門で戦没者の墓に献花した。

マクロン大統領とブリジット夫人。(Thierry Chesnot/Getty Images)

マクロン氏政権の人事はいかに

 マクロン大統領は就任後、大統領補佐の役職である「エリゼ宮殿秘書長」にコーラ―氏を任命した。また、主席外交顧問にはEUとドイツに詳しいエチエンヌ氏を任命した。

 ロイター通信によると、コーラ―氏は国家行政学院(ENA)出身のエリート出身で、マクロン氏が経済省長官だった時代の右腕だった。

 マクロン大統領の側近によると、エチエンヌ氏は今年61歳を迎えるベテラン外交官。同じく国家行政学院出身のエリートで、人脈も広いと言われる。欧州連合本部はエチエンヌ氏の人事に対し歓迎の意を表した。

 消息筋によると、マクロン大統領は現地時間5月15日に総理を任命し、16日には内閣を組閣する予定だ。

(翻訳・文亮)