MF堂安律、改善された後半について「ミスしても良いから思い切ってやろうと思った」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、MF堂安律(ガンバ大阪)がメディア陣のインタビューに応対し、ホンジュラス戦を振り返った。ミスを恐れずプレーしたことが後半の内容の改善につながったと分析。また、世界相手では小さなミスが失点につながると、世界大会に向けて危機感を抱いた。

◆MF堂安律(ガンバ大阪)
(C)CWS Brains,LTD.


──ホンジュラス戦を振り返って

「前半は悪かったですし、立ち上がり自体は押し込めたし、セットプレーから得点を奪えたので良かったです。ただ、個人的にもちょっと詰まってるような感じだったかなと。後半はミスしても良いから思い切ってやろうと思った結果がチーム的に良くなったかなと思います」

──どういうテーマで挑んだか

「ここまで調子自体は良かったと思うので、感覚というのもボールを持ちすぎずに球離れを早くして良いところで自分が顔を出せればと思っていました。前半は、なかなかバイタルエリアのところでボールをあまりもらえず苦しみましたけど、後半は(市丸)瑞希くんが入ったのもあって自分が前向くシーンが増えたかなと思います」

──4人のユニットで崩す意図があったと思うが

「前半は縦パスが入らなかったので、後半は自分が良い形で(三好)康児くんと攻撃のところで前を向けました。(岩崎)悠人くんと(小川)航基くん、田川(亨介)くんの動きだしを使って自分がドリブルで突破したシーンもあったし、康児くんの出したパスでFWが動きだして、そのスペースを康児くんが走り込むというシーンもあったので、そこはチームの練習やイメージ通りだったと思います」

──前半は縦パスが入らなかったことに加えて動きが滞っていたか

「そうですね。型にはまりすぎていた部分もあったと思うし、相手も前から来ていた中でなんとかロングボールを使いながら(岩崎)悠人くんを起点にしようと思ったボールもなかなか良いところに置けませんでした。何をしてもうまくいかなかったのが前半だったので、後半は少し自由にというか自分がボールを持ったらまず仕掛けることを意識しましたし、ミスを恐れずにできたのが後半だったのかなと思います」

──潰そうと思って潰しきれなくてそのまま失点してしまったが

「あれは自分のミスというか球際のところが少し弱かったです。あれは世界で戦う上で大事なところで、さっき映像で観ましたけど、あそこは前にクリアしても良かったですし、ああいうミスが失点につながると感じたので、やり直したいと思います」