FW久保建英、W杯で個の力を示す「自分のドリブルに注目してほしい」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、FW久保建英(FC東京U-18)がメディア陣のインタビューに応対。同試合が初戦に向けての良いシュミレーションになったと手応えを感じた様子。また、本大会では自身のドリブルに注目してほしいとピッチ内で存在感を示すことに意欲した。

◆FW久保建英(FC東京U-18)
(C)CWS Brains,LTD.


──最後のループシュートは非常に惜しかったが

「決めるつもりだったので、悔しいです」

──途中出場だったが、狙いは

「途中から出てきたのは自分だけではないので、5人一緒に出て、5人で流れを変えられたらなと思いました」

──自分がスイッチを入れてチャンスのきっかけを作ろうと思っていたか

「そんなに意識とかはしていなかったですけど、あれが自分のプレーなので」

──連携面はどうか

「非常に良い連携は築けていると思います。選択肢が沢山ある分、自分に(パス)が出てこないこともありますけど、そこは選択肢の一つとして思ってもらえれば良いと思います」

──フィジカルの差を感じたか

「それは感じましたけど、フィジカル勝負を今日はあまりしてないので、わざわざ感じなくても良いかなと思います。わかっているので」

──真ん中からドリブルで仕掛けていたが

「相手も疲れてきていてボールを持ったらドリブルで仕掛けようとは思っていたので、そこはフィジカル勝負というよりは自分が先手を取っているので、そこは取られることはないかなと思っています」

──南アフリカ戦に向けてヒントを得ることができたか

「皆さんも言ってましたけど、良いシミュレーションになったかなと思います。球際や切り替え、カウンターの数であったり、初戦を十分にイメージできたかなと思います」

──自身がどうプレーをするかはイメージできたか

「自分のいつも通りのプレーを信じてやるだけです」

──今日はどういう流れでプレーを変えようと思ったか

「特に話はしていないですけど、自分がボールを持ってどんどん仕掛けたいので、セーフティにいかずに持ったら多少のリスクを冒してでも攻めていこうかなと思っていました」

──U-20W杯をどのような大会にしたいか

「何度もそこは言っているんですけど、目標は変わらないですし、やるからには高いところを狙っていきたいです。チームワークというのが日本の特徴だと思うので、チームとして良いところまで行ければなと思いますし、個人としてはピッチ内の自分に注目してほしいというのがあります。できればドリブルとかそういうところに注目してほしいです」