立派な宮殿のように見えるこの建物は、中国重慶市璧山区の秀湖公園にある公衆トイレだ。

写真拡大

立派な宮殿のように見えるこの建物は、中国重慶市璧山区の秀湖公園にある公衆トイレだ。壁面はベージュの大理石と木で彩られ、ステレオや空気清浄器などが備え付けられている。水は自動センサーで流れる仕組み。室内の温度は通年26度に維持されており、手を洗う蛇口からはお湯が出る。チャイナフォトプレスが5月10日付で伝えた。

【その他の写真】

公園内に同様のトイレは3カ所ある。シンガポールの5つ星トイレの基準に従って建設されたもので、1カ所につき100万元(約1650万円)もの費用がかかったそうだ。衛生面と清潔さが徹底されており、実用性と快適さで群を抜いているという。

この5つ星公衆トイレに対してネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられており、「地元の出身です。このトイレはとてもきれい。最近の璧山の発展ぶりを象徴するものだ」と称賛する声が上がる一方、「浪費だ。ただのトイレじゃないか」「その金を使って貧困地域に学校や病院を建てるべきだ」といった批判的な意見もあった。(提供/環球網・編集/インナ、黄テイ)