青に癒される。NYで人気のディープ・ブルーのサウナ

写真拡大

青い空に白い雲。のんびりと眺めるだけでなぜかまったりしてしまうのは、「青」という色の効果なのでしょう。色の持つ視覚効果はさまざまで、中でも青の持つ大きな効果は「癒し」。そんな青を基調としたサウナがNYにお目見え、人気を呼んでいます。
からだをやさしく包みこむブルーのサウナ
NYに登場したのは赤外線サウナ「HigherDose」。ノーベル賞を受賞した青色LEDを使用、まるで深海に潜っているかのようなふしぎな空間を醸し出します。青色LEDはテレビやPCのディスプレイに使用されているばかりでなく、ニキビ治療に使用している美容外科も多いもの。その効果は多岐に渡り、癒しをたっぷり得られるだけでなく、デトックス効果も期待できます。
通常のサウナに比べても肌のコンディションが格別に良くなることや、スポーツ選手に至っては関節や筋肉の疲れ・痛みから解放してくれることも調査によりわかっています。また汗をかくことでのメタル等の環境デトックス効果が高いそうで、従来のサウナよりも約7倍多くからだから不要物を出してくれるのだとか。美容と健康の両方の恩恵が得られる贅沢サウナなんです。

HigherDOSEさん(@higher.dose)がシェアした投稿 - 2016 12月 30 1:36午後 PST

カップルで来れば特別ロマンチックな空間に

HigherDOSEさん(@higher.dose)がシェアした投稿 - 2017 2月 8 2:56午後 PST

青から緑、黄色、赤へと変わる「カラー・チェンジ」モードで最大限の効果が

HigherDOSEさん(@higher.dose)がシェアした投稿 - 2016 7月 18 7:30午前 PDT

不思議な空間の中では瞑想にひたってみたくなるもの
自然界の色「青」は日常生活のいたるところに
心理学に関するサイトによると、青という色は私たちの気持ちを落ち着かせ集中力を高めてくれると同時に、なんとダイエットにも役立つのだとか。食欲を減退させてくれるのだそうで、食器やテーブルクロスなどに青をとりいれることで、食べ過ぎを防いでくれるのだそうです。
普段何気なく私たちの周りにある色ですが、こうして意識してみると、様々な影響を与えているのが興味深いですね。
[HigherDose]
image via Shutterstock