相手のことをもっとよく知りたいから、男子だって気になる女子をデートに誘うのです。でもせっかくデートに誘ったのに、デート中にがっかり……では恋愛につながりません。
そこで今回は、デートでがっかりされる女子の特徴についてご紹介。男子はデート中、女子のこんなことにがっかりしています。

1. 思いっきり遅刻してくる

デートで遅刻するのは、男子にがっかりというよりもイライラされます。とくに初デートで、相手のことをまだよく知らない段階ならなおさら。初デートで遅刻すると「時間にルーズな子なのかな?」と思われてもしょうがないですよね。
電車の遅延などもしものことを考えて、少し早めに待ち合わせ場所に着くくらいの余裕ある行動の方がいいかも。もし遅刻するにしても、早い段階で連絡を入れましょう。

2. 脈なしっぽい感じがうかがえる

デート中にスマホばかりいじる・全然目を合わせてくれない・笑わない……など、あきらかに脈なしっぽい感じがうかがえると、さすがに男子も「完全脈なしじゃん。デートに誘わなきゃよかった……」とがっかりしちゃいます。
あまりにも楽しくなさそうな態度をしていると、時間とお金のムダだった、と思われることも。たしかに実際ふたりでデートしてみて「なんか違ったな……」ということもありますよね。でも露骨に態度に出して、相手に不快な思いをさせるのはよくないです。

3. がっついている感じが怖い……

完全に脈なしな態度もよくないけれど、逆にがっつきすぎるのも男子からしたら「なんか思ってた子と違った……」とがっかりされる可能性大。「こんな素敵な彼を逃しちゃいかん!」といわんばかりに、「どんな子がタイプですか?」「結婚願望は?」などガツガツいくと、すぐ熱が冷めます。

4. 恋愛経験が豊富そうな会話

デート中に過去の男の話とか「男ってこうだよね?」的な持論を展開すると、「この子、恋愛経験豊富なのかな……」と感じてしまい、自信のない男子は俺じゃくどけなさそう、と距離をおき始めます。仮に恋愛経験が豊富でも、男子の前ではそれを言わない方がいいです。デートでほかの男の話は厳禁!

5. 食の評論家っぽいことを言う

レストランなどに行って食の評論家っぽく、食べるもの・飲むものに対しいちいちウンチクを語ると、男子からは「面倒くさ……」と思われること確実。食にうるさくても語る必要はないです。
一緒に食事していてつまらないと思われると、二度とデートに誘ってもらえなくなりますよ。