いい空気を一瞬で作るコミュニケーションの秘訣。秀島史香さんインタビュー【前編】

写真拡大 (全3枚)

ラジオDJやナレーターとして第一線で活躍する秀島史香さん。その声は、FM局のラジオ番組やテレビCM、また惜しまれながら終了した『着信御礼!ケータイ大喜利』(NHK)の女性DJ役などで聞き覚えのある方も多いでしょう。3月には初めての著書『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』(朝日新聞出版)を上梓。初対面の人とうまくコミュニケーションをとる方法や考え方がわかりやすくまとめられ、話題を呼んでいます。そんな秀島さんにインタビューを敢行! 本のことや昨年から約1年間を過ごしたベルギーでの生活などについて伺った様子を2回にわたってお届けします。
あがり症だった少女がラジオDJに!?
――秀島さんは子どものころからラジオが大好きだったそうですね。
小学6年生のとき、アメリカに引っ越して初めて自分の部屋をもらったんですが、一人になると「明日も英語わかんないんだろうなあ」「何もしゃべれないんだろうなあ」なんて、翌日学校に行ったときのことを考えると不安な気持ちでした。そんなときに勇気づけてくれたのがラジオです。スイッチを入れると同じ時間におなじみの人の声が聞こえてきて、DJのキャラクターがダイレクトに伝わってくるのが好きで。時間を共有しているような気分でした。
――そして大人になってラジオDJになるわけですが、本には小さいころからあがり症だったとありました。
そうなんです。じつは人前で話すのが苦手で。でも、「ラジオは人前じゃないかも。部屋の中でマイクに向かってしゃべればいいんじゃない?」と思ってしまったんです。リサーチ不足でしたね。番組にはゲストが来るし、しかも初対面の相手と話さなければならない。独り言のようにしゃべるわけにはいかず、想像とは全然違いました。
――そうでしたか。ところで、ラジオDJとしてのデビューは大阪だったそうですが。
大阪の人たちには「こう言われたらこう返す」という、いわゆるボケとツッコミが自然と身についていて、ここまで感覚が違うのかとカルチャーショックを受けました(笑)。当時、まだ全国区ではなかった恵方巻について商店街でレポートする、という仕事があったんですが、「おねえちゃん、何も知らんなー」と言われたりして。でも、どんどん人が集まってきて、積極的に取材に応じてくれたのは本当にありがたかったです。大阪の人たちのノリは外国人と似てるかもしれませんね。
コミュニケーションについて考え直したベルギーでの日々
――そういえば、秀島さんは3月にベルギーから帰国されたんですよね。
ええ。約1年間、夫と5歳の娘の3人でゲントという街に住んでいたんですが、向こうでも電車のチケットの買い方が分からなくてきょろきょろしてると、いろんな人たちが集まってきて教えてくれました。ゲントは日本人があまりいなかったので珍しがられ、話しかけられることもありました。目が合うとニコッとしてくれるのもうれしかったです。
――大阪での経験が、時を経てベルギーにつながったと。
まさにそうです。大阪では思ったようにできない自分への悔しさはありましたが、街の中ではありがたいと思うことばかりで。それはベルギーでも同じでした。たとえば、スパイスを探しにスーパーマーケットに行ったときには、料理の写真を見せるといろんな人が必要な材料を教えてくれました。
――人の温かさを感じます。
ベルギーは知らないことだらけでしたが、そのおかげでコミュニケーションをゼロから考え直すいい機会になりました。人との接し方って言葉だけじゃないんだと思って、心を開いてもらうためにいろいろやってみました。目があったら笑ってみるとか、とりあえずハローとあいさつしてみるとか。試す機会は毎日ありましたからね。