『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』 ©2016 by chunfu film

写真拡大

映画『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』が、7月15日から東京・渋谷のアップリンクで公開される。

【動画と画像を見る(7枚)】

同作は生放送中に拳銃自殺したとされる実在のニュースキャスター役を演じるため、女優のケイト・リン・シールが役作りを行なう姿を捉えたドキュメンタリー作品。1974年に29歳で死去したニュースキャスターのクリスティーン・チュバックが住んでいた街をケイトが訪れ、髪型や肌の色などを似せていく中で、ケイトに表れる変化を映す。

監督は『Actress(原題)』『Fake It So Real(原題)』といったドキュメンタリー作品を手掛けているロバート・グリーン。主演を務めるケイト・リン・シールはこれまでに、アダム・ウィンガード監督『サプライズ』、ドレイク・ドレマス監督『ロスト・エモーション』などに出演している。

なお『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』は2016年の『サンダンス映画祭』で脚本賞を受賞。『第66回ベルリン国際映画祭』にも公式出品され、1月に1日限定の日本初上映が行なわれた。