ラッパーのSKY-HIさんが、自身初となる日本武道館公演を5月2日、3日の2daysで開催しました。3rdアルバム『OLIVE』を引っ提げ、3月4日に幕を切ったツアー『SKY-HI HALL TOUR 2017〜WELIVE〜』のファイナルでもある本公演。全32曲を歌い上げ、会場に駆け付けたファンを魅了しました。



出典:Nosh

オープニングは『Double Down』『Mr.Liberty』『BIG PARADE』と立て続けに、ロックナンバーを披露。フルバンド&ダンサー『SUPER FLYERS』と息の合った圧巻のパフォーマンスを見せつけました。



出典:Nosh

「めちゃくちゃラップするぜ!」の掛け声とともに始まったラップメドレー。『Turn up』『Dungeon Survivors』『As A Sugar』『Welcome To The Dungeon』『Enter The Dungeon』『Tyrand Island』『運命論』の9曲を一気に歌い上げると、会場のボルテージは最高潮へ! “これぞ、SKY-HI!”と言わんばかりの高速ラップでファンを圧倒しました。

MCでは「前日にランニングマシンで走りながら予習をしていたら、ハーフマラソンを走っていた」「インタビューで“武道館の意気込み”とか聞かれて、武道館だけ特別というわけには行かないですって言っておきながら今日4着着替えてきたからね!」などと、やはり悲願の“初武道館”を前に緊張を隠せなかったご様子。



出典:Nosh

『Walking on Water』『Over the Moon』『ナナイロホリデー』『センテンス』では、ダンサーの魅力が輝きます。特に『センテンス』ではダンサーの4人とSKY-HIさんによる“ラップ×寸劇”という新しいエンターテイメントで観客を楽しませました。



出典:Nosh

さらに5月31日に発売を控えるニューシングル『Silly Game』を初お披露目。パーティー調のメロディーに、シリアスでメッセージ性の強いフレーズ。“SKY-HIらしい”とも言える一曲でもある最新曲を見事に歌い上げると、「Silly Gameいいね!ダウンロードしてね」とちゃっかりPRも。

ラストは『LUCE』『クロノグラフ』などのバラードをしっとりと響かせ、明るい曲調の『リインカーネーション』でライブを締めくくりました。

最後のMCでは「目標は“世界平和”、近くの友達に優しくすれば、国同士のケンカも止められるはず」と夢を語り、さらには「生きていることを実感してほしい」「俺を知らない人生より知っている人生の方が絶対にいいものになるし、その責任を持つ」などと力強いメッセージを投げかけ、ファンを勇気づけたSKY-HIさん。

ステージに立っている彼を見ると、「武道館は道半ば」そんな気持ちがヒシヒシと伝わってきました。「大きな夢に向かってファンを導いてくれる。」2時間半のライブを経て、そんなSKY-HIさんの“男気”を感じた人もきっと多いはず。

【関連記事】

※ SKY-HIが語るアーティストとしての覚悟「僕を知った人生をいいものにする」

※ AAA宇野実彩子が伝授する「モテネイル」とは?

※ 浜崎あゆみ、AAAらが圧巻のパフォーマンスを披露!「a-nation」フィナーレを飾る

※ 溝端淳平、若手イケメン俳優のフェロモンにヒクヒク

※ 主演は渡辺直美!人気マンガ「カンナさーん!」のドラマ化が決定