【詳細】他の写真はこちら

富士通の夏モデルPCは使いやすく堅実にアップデート



富士通からFMVの2017年夏モデルPCが発表されましたよ。今回発表されたのは、15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズの3モデル、23.8型一体型デスクトップの『ESPRIMO FH52/B2』、合計4モデルになります。いずれもスタンダードな売れ筋モデルですね。新製品では、筐体の変更などの大幅な進化はありませんが、より使いやすくなったと言える印象です。

というわけで、まずはノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズから見ていきましょう。今回、新製品が登場したのは「LIFEBOOK AH」シリーズの中でも、中位〜下位モデルに当たる、『LIFEBOOK AH53』 『LIFEBOOK AH45』 『LIFEBOOK AH42』の3製品。2017年5月18日発売で、店頭想定売価は『LIFEBOOK AH53』が20万円強(税別)、『LIFEBOOK AH45』が17万円前後(税別)、『LIFEBOOK AH42』が14万円強(税別)となっています。

いずれのモデルもUSB Type-Cポートが追加され、『LIFEBOOK AH53』と『LIFEBOOK AH45』では「ATOK 2017」プリインストールされるなど、ソフトウェアが強化されているのがトピックと言えそうです。

また、従来モデルから採用していたオンキヨー製スピーカーや、3段階押下圧で打ちやすさにこだわったキーボードなどはそのまま継承。使いやすさへこだわりが活かされているのは好印象ですね。個々の主なスペックは次の通りとなります。

『LIFEBOOK AH53』の主なスペック



▲CPUにKaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサ「Core i7-7700HQ」を採用。USB Type-CポートはUSB 3.1となります。

・OS:Windows 10 Home

・ディスプレイ:15.6型(1920×1080ドット)液晶

・CPU:Core i7-7700HQ(最大3.8GHz、4コア8スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ:1TB HDD

・光学ドライブ:BD-XL

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1

・インターフェイス:USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0 Typa-A×1、SDカードスロット、HDMI出力など

・サイズ:W378×H24.7〜26.4×D256mm

・重量:約2.3Kg

・バッテリー駆動時間:約6.1時間

『LIFEBOOK AH45』の主なスペック



▲CPUは『Core i3-7100U』。USB Type-CポートはUSB 3.0です。

・OS:Windows 10 Home

・ディスプレイ:15.6型(1920×1080ドット)液晶

・CPU:Core i3-7100U(2.4GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:4GB

・ストレージ:1TB HDD

・光学ドライブ:BD-XL

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1

・インターフェイス:USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0 Typa-A×1、SDカードスロット、HDMI出力など

・サイズ:W378×H24.7〜26.4×D256mm

・重量:約2.3Kg

・バッテリー駆動時間:約9時間

『LIFEBOOK AH43』の主なスペック



▲CPUには『Celeron 3865U』を採用。USB Type-CポートはUSB 3.0となります。

・OS:Windows 10 Home

・ディスプレイ:15.6型(1366×768ドット)液晶

・CPU:Celeron 3865U(1.8GHz、2コア2スレッド)

・メモリ:4GB

・ストレージ:1TB HDD

・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1

・インターフェイス:USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0 Typa-A×1、SDカードスロット、HDMI出力など

・サイズ:W378×H24.7〜26.4×D256mm

・重量:約2.3Kg

・バッテリー駆動時間:約9.1時間

ソフトウェアが強化されたエントリー向け一体型





デスクトップ機で唯一、新モデルとして発表された『ESPRIMO FH52/B2』ですが、ハードウェア面の変更はなく、英会話学習ソフト「Learn to Speak English12」、夜間に小さい音量でも動画や音楽を楽しめるようにする機能「ナイトモード」など、ソフトウェア面での強化のみとなっています。『ESPRIMO FH52/B2』の主なスペックは以下の通りです。

『ESPRIMO FH52/B1』の主なスペック



・OS:Windows 10 Home 64bit

・ディスプレイ:23.8型(1920×1080ドット)液晶

・CPU:Celeron 3865U(1.8GHz、2コア2スレッド)

・メモリ:4GB

・ストレージ:1TB HDD

・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1

・インターフェイス:USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×3、USB 2.0 Type-A×2など

・テレビ機能:なし

・サイズ:W558×H370×D167mm(本体最小傾斜時)、W558×H362×D176mm(本体最大傾斜時)

・重量:約6.5kg

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト



富士通「FMV」公式サイト

関連記事



軽っ!777gの世界最軽量ノートPC、リビングに馴染む狭額縁デスクトップなど富士通2017年春モデル発表

プロに聞いて確信。富士通 FMV『ESPRIMO FH90/A3』は趣味をとことん楽しめる“究極の書斎パソコン”だ!

27型大画面&ハイレゾ対応!ド迫力なデスクトップPC『ESPRIMO FH90/A3』が富士通から