@AUTOCAR

写真拡大

6分45秒9 ニュル最速ラップついに更新

エレクトリック・ハイパーカーのニオEP9が、ニュルブルクリンクの最速ラップ・レコードを更新した。

2009年に、ラディカルSR8LMが打ち立てた6分48秒0。長らく破られることのなかった「公道走行可能な車両による」この記録を2.1秒更新。ニオEP9のラップは、6分45秒9である。

昨年10月に、今回よりも20秒遅い7分05秒12を記録したEP9だが、その記録ですら歴代6位のタイムであり、ノルドシュライフェでは最速のEVという称号を得ていた。

1360psの怪物EV、ニオEP1 その価格は?

レーシングカーを含む歴代最速ラップは、シュテファン・ヴェロフが1983年に記録しており、今回のニオEP9よりも35秒も早いタイムだった。

中国のEVメーカー、ネクストEVが製造するEP9の最高出力は、1メガワット。これは1360psに相当。最高速度は312km/hながら、0-100km/h加速は2.7秒。さらに0-200km/h加速は7.1で達成する。

20台だけが生産される予定のEP9。価格は£1.15million(1億6873万円)と言われている。

next:「AUTOCARアンケート」にご協力ください!