5月末、眞子様はブータンを訪問される予定。宮内庁が発表した。写真は2016年9月、眞子様は日本人移民80年を記念してパラグアイを公式訪問したときに撮影(NORBERTO DUARTE/AFP/Getty Images)

写真拡大

 政府によると、ブータン政府から秋篠宮家の長女・眞子内親王殿下(25)を同国に招待するとの申し出があった。両国の友好関係のため、宮内庁が眞子様へ訪問を願い出たという。眞子様は5月末に同国を訪問する予定。

 同庁が5月9日に発表した。眞子様は31日に出発し、シンガポールに立ち寄る。6月1日から7日までブータンに滞在。同日にブータンを発ち、7日にふたたびシンガポールを訪問し、8日に帰国する予定。

 ブータン訪問が実現すれば、眞子様の海外公務では3度目となる。初めての海外公務は2015年12月、エルサルバドルとホンジュラスを訪れ、外交関係樹立80周年記念の行事をこなされた。2016年9月にはパラグアイに日本人の同国移住80周年記念で公式訪問した。

(編集・甲斐 天海)