映画『となりの怪物くん』菅田将暉×土屋太鳳W主演で実写化、“怪物”と“氷の女”の青春ラブストーリー

写真拡大

映画『となりの怪物くん』が、2018年に全国の劇場で公開される。

原作は、2008年〜2014年まで講談社「月刊デザート」で連載され、コミックス累計発行部数は全13巻で500万部を突破している同名の漫画作品「となりの怪物くん」(ろびこ/講談社「KCデザート」刊)。

ストーリー

物語は、友達も全くいない、恋もしたことのないガリ勉&冷血な女子高生・水谷雫が、となりの席の問題児男子・吉田春から唐突に告白されたことから始まる。猛烈アタックする“怪物”春と、それを冷たくかわす“氷の女”雫。いつしかそんなコミカルな2人の周囲には、個性豊かな人々が集まってきて、2人にとって初めての「友達」ができていく。

初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係。何もかもが「初めて」同士の二人を中心に、真っ直ぐで不器用な登場人物たちの心を繊細に描いた作品だ。

キャスト

菅田将暉/吉田春 - イケメンで天才だが、周囲から怖がられる“怪物”

イケメンで天才だが、予測不能な行動で周囲から怖がられる“怪物”吉田春を演じるのは、昨年9本もの映画に出演し、いま最も勢いのある若手トップ俳優・菅田将暉。

本当は友達が欲しくてたまらないのに友達0人。高校では入学早々上級生に暴力をふるい、不登校に。挙げ句の果てに父と兄にも見捨てられ、誰も近寄ってこない孤独な生活を送っているが、雫と出会ったことがきっかけで他人の温もりを知っていく。

土屋太鳳/水谷雫 - 勉強第一の冷静かつ淡白な“氷の女”

ヒロイン・水谷雫を演じるのは、こちらもいま最も勢いのある若手トップ女優・土屋太鳳。
『orange』『青空エール』のような、まっすぐでひたむきな役を演じることの多かった彼女が、これまでと全く逆の役どころとなる「冷血女子」を演じる。

友達0人で、勉強第一の冷静かつ淡白な“氷の女”。しかし、不登校だった吉田春にプリントを届けたことで懐かれ、孤立していた学校生活が徐々に騒がしいものに。始めは春の予測不能な行動に戸惑っていたが、次第に異性として心惹かれていく。

監督/脚本

監督を務めるのは、『黒崎くんの言いなりになんてならない』『君の膵臓を食べたい』など、数多くの青春恋愛映画を手掛けてきた気鋭の月川翔。映画『高台家の人々』、ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」を手掛けた脚本家・金子ありさとタッグを組み、青春恋愛漫画を映像化する。

作品情報

映画『となりの怪物くん』
公開時期:2018年
キャスト:菅田将暉、土屋太鳳ほか
監督:月川翔
脚本:金子ありさ
©2018「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社

<あらすじ>
物語は、雫がクラスでとなりの席の春にふとしたことがきっかけで懐かれ、唐突に告白されたことから始まる。猛烈アタックする“怪物”春と、それを冷たくかわす“氷の女”雫。いつしかそんなコミカルな2人の周囲には、個性豊かな人々が集まってきて、2人にとって初めての「友達」ができていく。一方、その騒がしさは雫にとって勉強の障害が増えたのも同然だった。雫は、仕事で家にいない母親に認められるために勉強してきた。「私にとって大切なのは勉強。ひいては確固たる未来」と言い放つ雫を尊重し、見守る春。二人は次第に互いに惹かれ合っていく。
そんな折、実は名門家系の息子であり、頭脳も優秀な春は、絶縁状態だった父親から後継者として実家に連れ戻されることになる。抗う春。しかし雫は自分にないものを持っている春を冷たく突き放してしまう。そして春は悲しそうに「お前に俺の気持ちがわかるのか?」と言い残し、意気消沈のまま姿を消してしまうのだった―。
さらに、落ち込む雫に春の幼馴染である山口賢二(=ヤマケン)が告白。果たして雫と春の恋はどうなってしまうのか―。


[写真付きで読む]映画『となりの怪物くん』菅田将暉×土屋太鳳W主演で実写化、“怪物”と“氷の女”の青春ラブストーリー

外部サイト

  • 映画『幼な子われらに生まれ』主演・浅野忠信×田中麗奈、重松清の小説を実写化 - 宮藤官九郎も出演
  • 映画『忍びの国』大野智主演、和田竜の小説を実写化 - 伊賀vs織田の戦い描く戦国エンターテインメント
  • 映画『アリーキャット』窪塚洋介×降谷建志、“愛すべき不器用な男たち”のロードムービー