林家正蔵、海老名家もつらいよ!? 嫁・しゅうとめ関係に「『海老名家の食卓』撮って」

写真拡大

 山田洋次監督の最新作「家族はつらいよ2」の公開直前イベントとなる女性限定試写会が5月15日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われ、橋爪功、吉行和子、妻夫木聡、蒼井優ら「平田家」の面々が顔をそろえた。

 一家8人がそろうのは撮影後初めてで、山田監督は「僕も全員に会うのは久しぶりでとてもうれしい。楽しい、役に立つ催しになってくれれば」と期待。橋爪は開口一番、「女性ばかりということで、(共演の)小林稔侍が来たらさぞ喜んだことでしょう」と話し、笑いを取った。

 上映後のトークショーは、事前に取ったアンケートを基にした質問に登壇者が答えるスタイル。3世代で味の好みが違うという悩みは西村雅彦に振られたが、林家正蔵が「3世代の家族は、毎日が戦争に近い。嫁が作った料理を、母が『この前の方がうまかった』と言うと生きた心地がしない。殺伐とています」と割って入った。

 さらに、夫や子どもから女性として見られなくなっているという訴えには、橋爪が「自然の流れだからしようがないなあ。でもウチは、出かける前にハグはします。嫁は嫌がっているけれど」とニヤリ。山田監督は、「渥美(清)さんも、家に帰ったら奥さんをハグすると言っていました」と後押ししたが、ここでも正蔵が「そんなことしたら、ウチならひっぱたかれる」と、妻の海老名美どりに対する恐妻家ぶりを明かした。

 さらに、母・海老名香葉子との嫁・しゅうとめの確執について「どちらの言い分も全部聞いてあげて、どっちも悪く言わない。本当に大変。嫁の思いがつぶされた時は殺伐としている。ぜひ、『海老名家の食卓』を実写で撮ってほしい」と山田監督に懇願。蒼井は、「いろんな女性の意見が聞けると思っていたのに、正蔵さんのおうちが大変なんだということがよく分かった」と大笑いしていた。

 「家族はつらいよ2」は、前作で父・周造と母・富子の離婚危機を乗り越えた平田家だが、今度は周造の運転免許を返上させようと家族が画策したことで、新たな騒動が勃発する喜劇。5月27日から全国で公開される。