「スーパーマンが帰ってきた」イ・ボムス親子が降板…「もっと元気で明るいソダ家になります」

写真拡大

俳優のイ・ボムスとソダ(ソウルちゃん+ダウルくん) 姉弟が「スーパーマンが帰ってきた」を降板した。

14日、KBS 2TV「スーパーマンが帰ってきた」では、ソダ姉弟と母のユンジンがケータリングとともに父イ・ボムスの撮影現場を訪れる場面が放送された。

ソウルちゃんとダウルくんは、撮影現場で映画の主人公であるRAIN(ピ) と出会い、ダウルくんはRAINに夢中になった。RAINに「うちに来たらダメ?」と質問したり、父のイ・ボムスよりRAINが好きだとも話した。イ・シオンとミン・ヒョリンも登場したが、ダウルくんはRAINにだけ愛情を注いだ。RAINから離れず、彼にキスまでする姿は笑いを誘った。一方のソウルちゃんは、ミン・ヒョリンと仲睦まじい時間を過ごし、視聴者を和ませた。

同日の放送でイ・ボムスとソダ姉弟の降板を知らせ、視聴者を寂しくさせた。約1年前に「スーパーマンが帰ってきた」に登場したソウルちゃんとダウルくん。ソウルちゃんは弟のダウルくんを優しく配慮し、しっかり者の姉として視聴者の反響を受けた。ソウルちゃんだけが聞き取れた“宇宙語”を話していたダウルくんも、特有のキュートさとユニークな魅力でお茶の間に笑顔を届けた。

母のユンジンは「パパのイ・ボムスは一人っ子。子どもがたくさんほしいと言ってましたが、実は(育児が) とても下手でした。『スーパーマンが帰ってきた』に出演し、すごく変わったと思います」と笑顔を見せた。

イ・ボムスは「『スーパーマンが帰ってきた』を始めたばかりの時は、ソウルとダウルが不便ではないかと思ったけれど、二人ともよくついてきてくれて、明るく元気にしていてくれて感謝しています。パパが愛してるよ」と話し、ソダ姉弟への愛情を表した。また、イ・ボムスは子どもたちとともに「もっと元気で明るいソダ家になります」と話し、降板の挨拶を伝えた。

番組出演を終え、日常に戻るソダ姉弟。優しく温かい2人の成長を一緒に見守ってきた視聴者は、当分はその寂しさが消えないだろう。