[NAB2017:TASCAM]インターネットライブ配信で活躍するMiNiSTUDIO US-42などを展示

写真拡大 (全10枚)

TASCAMブース360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

TASCAMブースレポート

TASCAMはインターネットライブ配信で使用可能なMiNiSTUDIO US-42、ドラマや映画などで使用されるフィールドレコーダーHS-P82のほか、64chのマルチトラック録音が可能なDA-6400、業務用カセットレコーダー/CDプレイヤー/USBメモリーレコーダーCD-A580、ファームアップデートVER2-Jになり日本語メニュー表示に対応したDR-22WLおよびDR-44WL、XLRマイク用プラグオンマイクロリニアPCMレコーダーDR-10Xなどを出展した。

MiNiSTUDIO CREATOR US-42。ニコニコ生放送を運営する株式会社ドワンゴとのコラボレーションにより誕生したもので、マイク入力が2chのUS-42と1chのUS-32の2機種がある。PCとはUSBバスパワー接続で動作するMiNiSTUDIO US-42はインターネット生放送用途に特化し新規設計されており、音響機器に詳しくない場合でも迷わず使えるようにパネル配置や機能などが工夫されているMiNiSTUDIOのSettings Panelの画面表示。ファームウェア環境にあわせた設定を呼び出せるモードプリセット機能、キャプチャカード使用時の映像の遅れに音声をあわせられるUSBディレイ機能、入力音にあわせたモニター方法が選べるダイレクトモニター設定、通話サービスでの高度な設定に対応できるマルチWDMドライバーなどがVre1.2で追加された

新製品としては、2017年3月下旬に発売になった業務用カセットレコーダー/CDプレイヤー/USBメモリーレコーダーCD-A580となるが、SS-R250N/SS-CDR250N用のリモートコントロールアプリケーションTASCAM SS250 CONTROLのiOS/Android/Windows/Mac版や、ファイルに記録するタイムコード値をオフセットする機能を追加したファームウェアを搭載したDR-701D、日本語表示を含む多言語表示に対応した最新ファームウェア、Version 2.10を搭載したDR-22WLおよびDR-44WLなどがあった。

業務用カセットレコーダー/CDプレイヤー/USBメモリーレコーダーCD-A580。カセットテープの録音再生、CDの再生に加えて、USBメモリーでの録音再生に対応し、1台で幅広いメディアに対応したモデルSS-R250を有線LANまたはWi-Fiルーター経由で接続し、リモート操作が可能なアプリケーションによりトランスポートコントロール、メニュー設定および状態監視が可能ステレオソリッドステートレコーダーSS-CDR250N/SS-R250N用のポン出しリモートコントロールユニットRC-SS150。LCD中央にタイムカウンターやレベルメーターなどが表示されるほか、その周囲に音源のファイル名が表示され、対応したボタンを押すことでアサインされた音源を再生できる。再生中はLCDの色がグリーンに変わり、動作が一目でわかるようになっている64ch録音可能なDA-6400 MADI/Danteなどフレキシブルなオーディオインターフェースに対応。Pro Toolsシステムとの同期運転によるバックアップ録音も行える64ch録音可能なDA-6400。Wi-Fi経由で操作が可能なiPad専用アプリケーションTASCAM DA-6400 CONTROLは、リモートコントロールおよび状態監視が可能ファームウェアがVER2-Jになり日本語を含む多言語メニュー表示に対応したDR-44WLCakewalk社Windows専用DAWソフトウェアSONAR。マトリックスビューの機能強化やMIDIノートの追跡機能、50個のPolySynthデータの追加など、今年になってアップデートされた