写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマートフォンの普及により、パソコンを所持しない若者が増えているとの見方がある。しかし社会に出れば、多くの若者にはパソコンで毎日仕事を行う生活が待っている。では、学生層と社会人層でパソコンの所持率は変わるのだろうか。そして若者は、パソコンとどのように付き合っているのだろうか。テスティーが、19〜25歳の若年層男女1,819名を対象に「パソコンに関する調査」を実施した。

○パソコンは必要?

同調査ではまず、パソコンの保有率を調べた。その結果、19〜25歳の男女の51.2%が「自分用のパソコンを持っている」と回答。また25.7%の人が「家族兼用のパソコンを持っている」と応えており、合算すると若年層男女のおよそ8割はパソコンを利用できる環境が身近にあることがわかった。「自分用のパソコンを持っている」と回答した人のうち「自分で購入した」と回答した人は19〜22歳の男女で31.6%、23〜25歳の男女で52.7%。19歳から22歳は大学生、23歳から25歳は社会人の割合が多いことから、社会に出たことをきっかけに自分でパソコンを購入する人が増えると推察される。

次に「パソコンを持っていない」と回答した人を対象にパソコンの需要を尋ねた。その結果、「欲しい」と回答した人は19〜22歳の男女で36.6%、23〜25歳の男女で44.7%にとどまり、パソコンを所持しない人の半数以上が「パソコンは必要ない」と考えていることが判明した。さらにその理由について尋ねると、「スマホで十分だから」「今まで持っていなくても不自由ではなかったから」といった回答が得られた。インターネットのWeb検索が可能で、機能も充実しているスマートフォンの普及が進んだことで、パソコンは不要と考える若年層も確かにいるようだ。

○若年層は、どんなパソコンを使っている?

「自分用のパソコンを持っている」と回答した人を対象に「利用しているOS」について尋ねた。その結果、Windows OSの利用者が83.9%にのぼり、Mac OSの利用者は16.1%に過ぎなかった。そこで利用中のパソコンのOSとスマートフォンのOSの兼ね合いを調べたところ、iPhoneユーザーでMac OSを利用している人は19〜22歳の男女で24.1%、23〜25歳の男女で19.5%となった。これはAndroidユーザーのMac OS利用率と比較すると2倍以上も高い。スマートフォンとパソコンの間にはOSの互換性の問題がある。つまり利用中のスマートフォンのOSが、パソコンのOSの選択に影響していることが考えられる。

続いて「使用しているパソコンの種類(型)」を調査したところ、19〜22歳の男女の79.8%、23〜25歳の男女の76.7%が「ノートパソコン」を使用していると回答。合算すると、若年層のおよそ8割は「ノートパソコン」を使用していることがわかった。

○パソコンの使用用途は?

「自分用のパソコンを持っている」もしくは「家族兼用のパソコンを持っている」と回答した人を対象に、パソコンの使用頻度について聞いた。すると、ばらつきがあるものの「毎日使う」との回答がもっとも多く、19〜22歳の男女で27.7%、23〜25歳の男女で27.9%となった。さらにパソコンの使用用途を尋ねたところ、19〜22歳の男女では「文章・資料作成」が59.7%、23〜25歳の男女では「動画・音楽鑑賞」が59.9%。大学生にあたる世代は学業のために、社会人にあたる世代は趣味のためにパソコンを使用していることが伺える。

○デジタルネイティブ世代の意識は?

最後に、インターネットの利用に関する意識について調査した。まず「ネットリテラシー」という言葉の認知について調べたところ、19〜22歳の男女の34.3%、23〜25歳の男女の39.7%が「知らない」と回答。生まれた時、物心がついた時からデジタルデバイスやインターネットが存在し、日常の中でそれらを当たり前に利用しながら育った”デジタルネイティブ世代”と呼ばれる若年層の4割近くが「ネットリテラシー」という言葉を「知らない」ことが判明した。次に「インターネットの利用の際に気を付けていること」を自由回答で尋ねた。すると、SNSや掲示板の利用、WEBサイトの閲覧、ネット上の情報などに気を付けているという回答が得られた。「ネットリテラシー」という言葉の認知度は6割程度にとどまったが、マナーやルールを守ってインターネットを利用している実態が伺える。