ジム・パーソンズ

写真拡大

頭脳明晰なオタク4人を主人公にしたコメディドラマ『ビッグバン★セオリー〜ギークなボクらの恋愛法則』でメインキャストのシェルドン・クーパー役を演じているジム・パーソンズが、パートナーであるグラフィック・デザイナーのトッド・スピーワックと同姓婚をしたことが明らかになった。米Sixpageらが報じている。

2012年の米New York Timesのインタビューで、同性愛者であることをカミングアウトしていたジムだが、2014年には、二人が婚約したという噂が出回りはじめていた。昨年11月には、出会ってから14年の記念日をお祝いし、その写真を自身のInstagramで掲載。

2015年に米Bravoの『アクターズ・スタジオ・インタビュー』でインタビューを受けた時には、インタビューアーのジェームズ・リプトンに「カミングアウトできなかったんじゃなくて、ただ話に出さなかっただけなんだ」と明かし、それでもインタビュー中に自然にカミングアウトができたことはよかったと語っていた。「トッドをイベントに連れて行ってはいたけど、ある日New York Timesのインタビューで、"ゲイ男性として、『ノーマル・ハート』に出演できたことは意味がありましたか?"と聞かれたんだ。だから"そうだね"と、答えたんだけど、あの質問は素晴らしいプレゼントだったよ。突然、僕がゲイであることが公になった訳だからね」と答えている。

結婚式は5月13日(土)、ニューヨークのロックフェラーセンターにある由緒正しいレストラン、レインボールームにて行われた。ジム、トッド、ご結婚本当におめでとう!(海外ドラマNAVI)