スマートフォンの操作に夢中になっていると、すぐ近くにいる我が子が誘拐されてしまうかもしれません。衝撃的な実験動画が公開されました。

スマホ中毒の父親、息子が誘拐されたら気付くか?

「スマートフォンを操作している父親のすぐ近くで子どもは誘拐できるのか?」の実験動画を公開したのは、様々な社会実験やいたずら動画を公開しているYouTuberのジョエイ・サラズ(JoeySalads)氏です。
 

 
実験は、夫がいつもスマホに夢中で息子に注意を払っていない、と心配する妻のエミリーさんの依頼で行われています。
 
実験のことを知っているのは、サラズ氏ら仕掛け人グループと、母親のエミリーさんだけで、父親と男の子は何も知りません。

息子が遊び始めると同時にスマホを操作する父親

男の子が遊具で遊び始めるとすぐに、父親は近くのベンチに座って、スマホの操作を始めます。
 

 
まったく顔を上げず、すぐ近くで遊ぶ息子に注意を払っていないことが分かります。
 

 
サラズさんが近づき、「お菓子をあげるよ」と話しかけます。すぐ近くに父親がいるとは思えない、大胆な行動です。
 

 
「もっとあげるから、こっちにおいで」と言うと、男の子はあっさりついて行ってしまいました。映像で分かるように、父親が座っているベンチはすぐ近くです。
 

 
息子が連れ去られたその瞬間も、父親はスマホに夢中で、息子がいなくなったことに気づいていません。
 

 
やっと気づいた父親が焦って探し始めますが、息子も誘拐犯も近くにはいません。
 

 
妻のエミリーさんが「何してたの?スマホに夢中で気づかなかったんじゃないの!?」と詰め寄ります。夫は焦り、うろたえるばかりです。
 

 
その後、無邪気に笑い声をあげる息子を連れて、サラズさんがやってきました。
 

 
サラズさんは父親に、ちょっと目を離したほんの10秒ほどの隙でも、お子さんが連れ去られることがありますよ、と注意しています。

お子さんをお持ちの方々はご注意を!

このお父さん、本当に大切なものが何か、身にしみて分かったのではないでしょうか。
 
日本でも、子どもを狙った卑劣な犯罪が報じられていることを考えると、この実験も他人ごとではありません。
 
お子さんをお持ちの方々、お子さんと一緒の時のスマホ操作には気をつけたほうが良さそうです。
 
動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube
(hato)