吉林大学日本商工聯合会は12日、東京で創立大会を開催した。

写真拡大

吉林大学日本商工聯合会は12日、東京で創立大会を開催。日中友好協会の会長を務める、在中国日本大使館の元大使である丹羽宇一郎氏や在日本中国大使館の陳三虎参事官、吉林大学日本商工聯合会と吉林大学日本校友会の会長を務める辛赤邑氏らが出席し挨拶した。人民網が伝えた。

丹羽氏は挨拶の中で、「吉林省には何度も訪問した。同省の農業と工業は中国で重要な位置を占める。吉林大学の卒業生が日本で商工聯合会を創立したことを非常にうれしく思っている。みなさんが自分の役割を果たして日中の架け橋になってもらいたい。今年は日中国交正常化45周年で、来年は日中平和友好条約締結40周年。日中友好のために皆が行動で貢献することを願っている」と語った。

陳参事官は挨拶の中で、「吉林大学日本商工聯合会の創立で、各方面の人材を一つに集めることができる。このプラットホームを活用して、国内と国際的な交流を行うことができる。皆さんがたゆまない努力を通して、中日友好と中日文化の交流、中日の経済貿易の展開に寄与していくと信じている」と語った。

辛氏は挨拶の中で、「吉林大学の日本語教育や日本の政治・経済などの面の研究は突出しており、改革開放(1978年)以降、日本に来て学習、仕事をしたり、キャリアを伸ばしたりしている卒業生が多い。特に、数十年の努力の結果、その中から、企業経営者も多く登場した。卒業生らが自身のビジネス活動を通して、中日の民間交流のための架け橋を次々に架けている。今回、ここで吉林大学日本商工聯合会を創立したのは、吉林大学の理念を発揚し、互いに協力し合い、中国や日本で大きな力を発揮している人々、経営資源を一つにし、それぞれが成長することで、中日両国の社会の発展のために一層寄与することが目的」と語った。

同会は、日本の吉林大学の卒業生が経営する企業や経済活動に従事している同大学の卒業生、日本での業務展開を希望している同大学の卒業生が経営する企業などが共に創立したものだ。(提供/人民網日本語版・編集KN)