目への負担を抑え、やさしくケア

写真拡大

健康機器などを手がけるジョンソンヘルスケア(大阪府吹田市)は、「SYNCA」ブランドのアイマッサージャー「ウォーターアイマスク」を、2017年5月12日にクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行発売した。発送は10月中の予定。

どこでも使えるバッテリー方式 手入れも簡単

アイマスク内に水を循環させながら振動を与え、目をやさしくマッサージする「ウェーブマッサージシステム」を採用。水流による自然なバイブレーションと水温が目に与える負担を抑え、目の周りのツボを押すようにアプローチする。

マッサージ水流は、血行促進に効果的で眼精疲労やドライアイなどに適するという「温水モード」、炎症を和らげる効果のある「冷水モード」の2種。ボタンを押せば約2分でモードを切り替えることができ、数回繰り返すことで効果的なアイケアが可能だという。

約1時間30分の充電で約15分使用できるバッテリーを内蔵。目元に触れるマスク部分は柔らかいシリコン素材を採用し、汚れても絞った布で拭くだけと手入れも簡単だ。

価格は2万7800円(税込)。

なお、「Makuake」では数量限定の早期割引、オリジナルタンブラー付き、複数台セットなどのコースを用意する。