テレ東力を意識せよ

写真拡大

テレビ東京といえば、かつてはテレビ番外地、視聴率番外地といわれた場所です。しかしながら近年は、低予算、誰も見ていない、といったネガティブな要素を逆手にとった個性派の番組を多く手がけることで知られています。そのさまは、ビジネスモデルとして注目すべきものがるといえるでしょう。

テレビ東京の魅力とは

濱谷晃一による「テレ東的、一点突破の発想術」 (ワニブックスPLUS新書)は、そんなテレビ東京のプロデューサー自身がビジネスモデルを解説した本です。本書では著者自身がどのような来歴をたどってテレビ東京へ入社したのかといったバックグラウンドの解説から、アイデアが湧き出る発想術について語られています。

アーカイブではない本

テレビマンが書いたテレビについての本は、どうしても過去に手がけた名物番組や芸能人の豪傑エピソードといった、アーカイブ史的な視点が多くなってしまいます。もちろん、それは面白いのですが、興味がない人にとってはどうでも良いものですし、なにより、自分の生活や仕事に役立てることができません。しかしながら、予算も時間もない中で面白い企画を実現させるにはどうすればいいかを求められるテレビ東京のような場所は多くあるといえるでしょう。いわば、楽しみながら実践も学べるお得な本となっています。