『クリミナル・マインド 国際捜査班』

写真拡大

全米で10年以上に渡って愛され続けている国民的人気の犯罪ドラマ『クリミナル・マインド』のスピンオフ、『クリミナル・マインド 国際捜査班』が現在アメリカで放送中のシーズン2をもって終了することが決定した。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

『CSI:ニューヨーク』でお馴染みの名優ゲイリー・シニーズを主演に迎えた本作は外国で凶悪犯罪に巻き込まれたアメリカ人を救うためのFBI特別チーム(IRT)の活躍が描かれる。FBIで長年勤続してきたベテランのジャックをリーダーに、マルチリンガルで文化人類学者でもあるクララ、子ども4人のパパでもあるマット、検視官メイというメンバーは、米国で情報収集をしたり被害者家族の面倒を見るラスと連携しながら世界各地で活躍。そんなIRTはタイのバンコクで米国人3人が失踪した事件、インドのムンバイで起きた臓器売買をめぐる事件、日本の青木ヶ原樹海での自殺に偽装された連続殺人事件などに次々と挑んでいく。

そのほかの出演者は、『LAW & ORDER ロー&オーダー』のアラナ・デ・ラ・ガーザ、『私の名前はキム・サムスン』のダニエル・ヘニー、『ウォーキング・デッド』のタイラー・ジェームズ・ウィリアムズら。

大ヒットシリーズのスピンオフとあり、視聴者の期待も大きかったがシーズン2の平均レーティングは0.8(18歳〜49歳)と低く、視聴者数も500万人と振るわず。『クリミナル・マインド』シーズン12のレーティング平均1.4、視聴者数750万人と比較すると放送局の米CBSは終了を決めざるを得なかったようだ。(海外ドラマNAVI)