15日、中国・北京で開催中のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議で韓国代表団の団長を務める与党「共に民主党」の朴炳錫議員は、代表団が14日夜に中国の習近平国家主席を訪問したことを明らかにした。資料写真。

写真拡大

2017年5月15日、中国・北京で開催中のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議で韓国代表団の団長を務める与党「共に民主党」の朴炳錫(パク・ビョンソク)議員は、代表団が14日夜に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席を訪問したことを明らかにした。韓国・聯合ニュースの中国語ニュースサイトが伝えた。

朴団長によると、習主席は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との11日の電話会談を「大変満足だった」とし、文大統領の政治哲学や理念を高く評価していると語ったという。また、「韓国との関係の発展はアジアを超えて世界の平和にも非常に重要だ」とも述べたという。(翻訳・編集/柳川)