発表資料

LINE株式会社は15日、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」が3周年を迎えたことを記念して、これまでの利用・販売実績を公開した。

 

ユーザーの作ったイラスト・スタンプをLINEスタンプ/着せかえとして販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」。これまでは、最大4秒のアニメーションで構成される「動くスタンプ(アニメーションスタンプ)」、写真を用いたスタンプの販売の解禁、「審査基準の改訂」などを行い、サービスの開始から3年間で世界230ヶ国約72万人の登録クリエイター、合計40万セットのスタンプ・着せかえ数(販売中のもの)を突破している。

 

販売総額は479億円で、売上上位10名のクリエイターの平均販売額(累計)は5億3000万円にのぼる。また、スタンプだけではなく、キャラクターのグッズ化や書籍化、企業とのコラボなど、スタンだけにとどまらない、多角的な展開も見られるとしている。

 

同社では、より多くのユーザーに自由で簡単なスタンプ制作を楽しんでもらうために、2017年夏頃を目処として、スマートフォンのみでスタンプの制作・販売ができる専用アプリを公開予定としている。

発表資料

URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1741

2017/05/15