北朝鮮の労働新聞は15日、「南朝鮮のかいらい好戦狂らが米国の『特殊作戦』『対北先制攻撃』企図に歩調を合わせてその実現のための各種の武装装備の導入と開発に狂奔している」としながら、韓国軍を非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

韓国軍が北朝鮮の核・ミサイル施設に先制攻撃を加える防衛システムであるキルチェーンや韓国型ミサイル防衛KAMDの構築を進めていることに対する反発と見られる。韓国の新大統領に就任した文在寅氏は選挙中、キルチェーン、KAMDを早期に戦力化すると強調している。

論評は、こうした動きに対して「自分らの軍事的劣勢を挽回し、滅亡の陥穽から脱してみようとする必死の身もだえ、断末魔のあがきである」と述べた。

また、「平和と統一に対する全同胞の志向と念願に挑戦しながら外部勢力と共謀、結託して北侵核戦争策動に狂奔するかいらい逆賊一味こそ、これ以上、生かせておけない民族の極悪な敵である」と強調した。

さらに、「われわれは、米国が願い、選ぶ任意の戦争と作戦にも快く対応してやる意志と能力を持っており、敵の任意の攻撃方式にも全部準備ができている」と主張した。