アン・ジェヒョン、日本映画「ボクの妻と結婚してください。」のナレーションに参加

写真拡大

俳優アン・ジェヒョンが映画のナレーションに参加した。

アン・ジェヒョンがナレーションに参加した映画は、「ボクの妻と結婚してください。」(監督:三宅喜重) だ。忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治が余命6ヶ月の宣告を受け、愛する妻に新しい夫を見つけてあげること決心して展開される愉快で感動的なホームドラマである。

放送作家の三村修治のユニークで愉快な姿で始まる「ボクの妻と結婚してください。」の予告編は、アン・ジェヒョンの優しいナレーションでファンを和ませた。ドラマ「星から来たあなた」、映画「ファッション王」などで魅力を届けてきたアン・ジェヒョンは、最近tvNバラエティ番組「新婚日記」で優しい一面を披露し、多くの反響を受けた。

今回は特別に「ボクの妻と結婚してください。」の予告編のナレーションに参加し、アン・ジェヒョンだけのときめかせる声で映画の魅力と温かい雰囲気を倍増させた。公開された予告編はアン・ジェヒョンの甘い声が目と耳を虜にし、映画で描かれる結婚と愛に関する温かい視線まで覗くことができ、映画ファンの期待を高めた。

5月21日の夫婦の日を前に公開予定の映画「ボクの妻と結婚してください。」は、私たちに最も近くにいるが、忘れて生きている家族の大事さを伝える予定だ。仕事と愛、結婚と人生に対する温かく愉快な視線で今春爽やかな笑顔、温かい感動を届け、最も魅力的で人生で忘れられない映画になると期待されている。