チョン・ヘビン、新ドラマ「操作」へ出演確定…負けず嫌いのベテラン写真記者を演じる

写真拡大

女優チョン・ヘビンが「操作」への出演を確定した。

所属事務所NAMOO ACTORSは15日、「チョン・ヘビンがSBS新月火ドラマ『操作』への出演を確定し、撮影に入った」と明かした。

チョン・ヘビンは「操作」で負けず嫌いのベテラン写真記者オ・ユギョンに扮する。オ・ユギョンは豪快で合理的な性格の持ち主で、先輩イ・ソクミン(ユ・ジュンサン) とは熱い友情とぴったりの呼吸を誇る人物だ。恥ずかしくない世の中を作りたいという信念でソクミンとスプラッシュチームを作る。

最近、最初の撮影を終えたチョン・ヘビンは演技だけでなく、ルックスまで180度変わった姿で現場から感嘆を引き出した。従来の女性らしくも都会的なイメージを置いて、飾らないサバサバとしたナチュラルなスタイルに大胆に変身した。チョン・ヘビンは作品のために多くの悩みと努力を重ねているという。

チョン・ヘビンは昨年ドラマ「また、オ・へヨン」「キャリアを引く女」でそれぞれ異なる悪役演技を披露し、再発見と好評された。今回のドラマ「操作」でまた新たな魅力でお茶の間を魅了するか、ユ・ジュンサンとの共演はどのような出来栄えを見せるかに期待が集まる。

「操作」は社会不条理に関する現実を暴く記者たちの熾烈な人生を描くドラマで、SBS「猟奇的な彼女」の後番組として韓国で7月から放送される予定だ。