北朝鮮の最高人民会議常任委員会は13日、董正浩(トン・ジョンホ)氏を内閣副総理に任命するとの政令を発表した。朝鮮中央通信が14日付で伝えた。

董氏は1956年生まれで南浦(ナムポ)市の出身。建設建材工業省の科学技術局長と次官を経て、2005年に建設建材工業相に任命された。その後12年間、同職にとどまり、昨年4月の朝鮮労働党第7回大会で党中央委員会委員に選出された。

董氏が今後、副総理と建設建材工業相を兼任するかどうかについて、同通信は言及していない。

北朝鮮の副総理は董氏を加え、計9人の体制となった。