マーゴット・ロビー&シアーシャ・ローナン Photo by Michael Loccisano/Getty Images、
Photo by Mike Pont/WireImage/Getty Images

写真拡大

 人気女優マーゴット・ロビーが、新作映画でイングランド女王のエリザベス1世を演じることになりそうだ。

 米バラエティによれば、ロビーは米フォーカス・フィーチャーズと英ワーキング・タイトルが製作する歴史ドラマ「メアリー・クイーン・オブ・スコッツ(原題)」の出演交渉を行っているという。スコットランド女王のメアリー1世を題材とした映画で、主演には2度のアカデミー賞ノミネート歴があるシアーシャ・ローナンが決まっている。

 メアリー1世は廃位ののち、イングランドに亡命。しかし、イングランド王位継承者であることを主張し、陰謀に加担したため、エリザベス1世の命により処刑された。脚本はジョン・ガイ著「The True Life of Mary Stuart」を下敷きに、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の企画・制作総指揮のボー・ウィリモンが執筆中。ジョシー・ルーク監督のメガホンで、今年下半期のクランクインを目指している。

 なお、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役でブレイクしたロビーは、元フィギュア女子選手トーニャ・ハーディングの伝記映画「I, Tonya(原題)」と、「くまのプーさん」の原作者A・A・ミルンの伝記映画「グッドバイ・クリストファー・ロビン(原題)」の撮影を終えている。さらに、「スーサイド・スクワッド」のスピンオフ映画「ゴッサムシティ・サイレンズ(原題)」で、再びハーレイ・クイン役を演じる予定だ。