救急車に乗り、人の命を救う救急救命士。

米ペンシルベニア州で救命士として働く、Mary TerrinoniさんとJared Bryerさんが、いつもの様に救急車に乗っていた時のことだ。

ある若者がこちらに向かって助けを求めてきたという。

といっても、彼は怪我をしたわけでも、具合が悪くなったわけでもなかった。

これから高校の卒業パーティーに向かうところなのだが、ネクタイの結び方がわからなくて困っている、というのだ。

明らかに救急救命士の仕事ではないが、困っている人を見捨てるわけにはいかない。Jaredさんはすぐに救急車を降り、彼のネクタイを結んであげた。

Mary Terrinoni/Facebook

この時救急車の中で待機していたMaryさんは、その様子を写真に撮り、自身のFacebookで公開。

若者のネクタイを結んであげる同僚を見て、胸がいっぱいになりました。

彼女はこう述べている。

同僚も心を動かされたこの光景に、9000人を超える人が「いいね!」などし、同投稿は5000件を超えてシェアされた。

一部の海外メディアでも取り上げられ、「困った時はお互い様ですね!」「彼はこの街の誇り」「これを見れば、彼の普段の仕事ぶりがうかがえる」といった称賛の声が続出している。