糖質70%オフの製品=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国酒類大手のハイト真露が15日、コンビニエンスストア大手のローソンと、第三のビールの輸出契約を結んだことを明らかにした。先月25日からローソンの約1万2000店で、ローソンのプライベートブランド(PB)の新商品「セレクト ゴールドマスター」と糖質70%オフの「セレクト ゴールドマスター糖質オフ」として販売されている。

 ハイト真露は先月、初回出荷の21万ケースを輸出した。今年は200万ケースの輸出を目標に掲げている。
 日本のビール類市場は第三のビールが占める割合が大きい。ハイト真露は海外企業では初めて日本に第三のビールの輸出を開始。昨年の輸出額は約3800万ドル(約43億円)だった。
mgk1202@yna.co.kr