上海市の警察当局が12日、取り締まり活動を中国版ツイッターの公式アカウントで報告し、容疑者が映った現場写真を掲載。そこに写った容疑者のタトゥーが話題になっている。

写真拡大

上海市の警察当局が12日、取り締まり活動を中国版ツイッターの公式アカウントで報告し、容疑者が映った現場写真を掲載。そこに写った容疑者のタトゥーが話題になっている。14日付で新聞晨報が伝えた。

話題になったのは、写真を背にしてうずくまる容疑者の背中の右上に彫られたタトゥー。背中にはかわいらしい羊のタトゥーが彫られていた。この羊は2005年から放送されている中国オリジナルの人気アニメ「喜羊羊と灰太狼」の主人公の「喜羊羊」で、ネットでは、「きっと縁起担ぎのつもりなんだよ。ほら、喜羊羊はいつも羊を捕まえようとする灰太狼から無事に逃げられるだろ?だから、警察を狼に見立て、自分が逃げられるという意味で喜羊羊のタトゥーを入れたに違いない」「アニメを見て育った子が容疑者に?」「自分が子どもだとアピールして見逃してもらおうと思ったのか?」とやゆする書き込みが大半を占めていた。(翻訳・編集/内山)