写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セガトイズはこのほど、7月27日に発売する家庭用プラネタリウム「HOMESTAR BB-8」と「HOMESTAR R2-D2」(各6,980円/税別)で、世界で初めてブルーマップの結合を再現できることを発表した。

両商品は、家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」のシリーズ商品で、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場するキャラクター・BB-8とR2-D2をモチーフにしたもの。通常商品と同様、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修し、東京から見えるリアルな星空を再現できる。

今回投影機能の実装が実現したブルーマップは、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』において、「R2-D2」が示す地図と「BB-8」が示す地図を重ね合わせることで重要人物の位置が判明するという、物語のキーとなるアイテム。

「HOMESTAR BB-8」と「HOMESTAR R2-D2」が映し出すブルーマップを自宅の頭上で重ね合わせることで、映画の印象的なシーンを再現しダイナミックに体験することができるという。

他にも、「HOMESTAR BB-8」では、「辺境の星ジャクー」や「X-WING」など「ブルーマップ」を含めた4種類のシーンを手動で切り替えて投影できる。また、「HOMESTAR R2-D2」は、2011年に発売されたバージョンから原板がアップグレードされ、新モデルとして登場。再現シーンも「ミレニアム・ファルコン」や「スター・デストロイヤー」など4種類に増加する。

また、両商品はそれぞれのキャラクター同様、頭が360度回転し、部屋の大きさに合わせて投影範囲やピント調整ができる仕組みになっている。

(c)&TM Lucasfilm ltd.