写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5月8日〜5月14日までの1週間に発表された、PC関連の注目ニュースをダイジェストでお届けする。

先週は11日(米国時間)、マイクロソフトがWindowsの次期大型アップデート「Fall Creators Update」を発表した。米シアトルで開催された、開発者向けカンファレンス「Build 2017」で明かされたものだ。このFall Creators Updateでは、たとえば編集中のドキュメントや閲覧していたWebページの続きを、AndroidやiOSなど異なるデバイスでも行えるなど、プラットフォームを横断できるクラウド連係が特徴となる。リリースは2017年秋頃を予定。

また、シャープ製の8ビットマイコン「MZ-80C」を1/4スケールのミニチュアサイズで再現した小型PC「PasocomMini MZ-80C」のニュースも注目を集めた。企画開発は、MZ-80C用PCGシリーズなども手掛けたハル研究所。きょう体はコンパクトな手のひらサイズで、実機に備わっていた開閉機構を再現。モニタフードを外して画面シートを交換でき、カセットデッキの開閉もサポートし、当時のパソコン雑誌に掲載されていたマシン語プログラムも実行可能だという。予約開始は6月1日から。東京・秋葉原のレトロPC・ゲーム取り扱い店「BEEP秋葉原」(店舗・Web)で数量限定販売となる。

○注目ニュース(5月8日〜5月14日)

○注目レポート・レビュー・コラム(5月8日〜5月14日)