YG、Mnet前局長ハン・ドンチョルPDと専属契約を締結…“YGの新たなスタート”に関心集中

写真拡大

YG ENTERTAINMENT(以下YG) が本日(15日)、ハン・ドンチョルPD(プロデューサー) と専属契約を結んだ。

YGのヤン・ヒョンソク代表は、自身のInstagramを通じてハン・ドンチョル局長との契約書の捺印の現場を公開して、「いよいよ #噂だけ多かった #専属契約締結 #終身契約の感じ #落張不入(賭場で一度出した札は再び戻せないという掟) #ハン・ドンチョル師団とともに #YGで新しい開始 #NEW CHALLENGE」というハッシュタグで局長との専属契約締結を祝った。

ハン・ドンチョルPD(前Mnet局長) は、昨年「プロデュース101」および「SHOW ME THE MONEY」「UNPRETTY RAP STAR」などを企画・演出して、ヒップホップの大衆化はもちろん音楽バラエティ番組の独歩的な演出家として、自身ならではのブランドを構築した人物に挙げられる。

そのためハン・ドンチョルPDが今年1月にMnetを離れて以降、今後の動きに対する噂と話題は絶えず、放送、エンターテインメント業界の最も熱い関心事でもあった。

YGはハン・ドンチョル局長との契約の前に、「音楽の神」の演出家であるパク・ジュンスPD、tvN「SNL KOREA」シーズン4まで演出したユ・ソンモPD、「SHOW ME THE MONEY」シーズン4とシーズン5のメイン演出イ・サンユン、チェ・ヒョジンPDと契約を結んで、別名ハン・ドンチョル師団のPDが1人、2人とYGに集まっている状況だった。

YGは音楽バラエティだけでなく、MBCのチョ・ソユン、チェ・ヨンジェ、キム・ミンジョンPDの3人を迎え入れるなど、多様で強大なコンテンツ演出軍団を構築しているところだ。

これまで1人、もしくは2人のPDがエンターテインメント企画に移転した前例はあったが、このように大規模に有名PDが移籍したケースは例がなかった。放送局を作っても十分なPDの面々で、YGが新しく作っていくコンテンツと制作方式に対する期待と好奇心が大きくなっていきつつある中で、ついに最も話題になったハン・ドンチョルPDの契約のニュースまで知られて、果たして今後YGがどんな新しいコンテンツで大衆を驚かせるのかに対して大きな期待を集めている。

YG、Mnetの前局長との契約説について否定「契約は結んでいない」

YG、MBC&Mnet&tvNのスタープロデューサー5人をスカウト…バラエティ界にも進出

YG、ソウル市内に制作会社を設立…新たに有名プロデューサーを迎え入れドラマ市場に本格進出