チャンネルA、恋愛バラエティからモクバンまで…視聴者の需要を考慮した番組編成へ

写真拡大

チャンネルAが新しい形式と内容のバラエティ番組を通してより一層若く、新しくなる。また視聴者の需要を考慮し、本日(15日) から一部の報道番組を廃止し、平日午前の子ども番組の時間を調整する。

6月2日に放送がスタートする「ハートシグナル」は“心理推理バラエティ”という新しいジャンルの恋愛バラエティで、20歳から49歳までの若い視聴者をターゲットにした番組だ。

「ハートシグナル」は一般人の若い男女6人が、ソウル市内のシェアハウスで1ヶ月間一緒に過ごし、お互いを探索し、心の中に隠されたシグナルを探し、恋愛する番組だ。彼らのラブシグナルを推理する“予測者たち”として歌手ユン・ジョンシン、イ・サンミン、SUPER JUNIORのシンドン、作詞家ユン・イナ、精神科専門医ヤン・ジェウンなどが出演する。

また、外食全盛時代を迎え、グルメを紹介する新概念の“モクバン(食べる放送)”バラエティ「美味しい土曜日、一緒にご飯食べよう」が5月から放送スタートする予定だ。「お客さんと一緒に料理を分けて食べること」「スターたちの話を盛り込んだ料理のテイクアウト」など、従来のグルメ番組とは異なるコーナーを設け、視聴者のところを訪れる。コメディアンのキム・ジェウ、ホン・ユンファ、SUPER JUNIORのシンドン、タレントのキム・イルジュンが出演する。

芸能人とペットが出演する観察バラエティ「犬に餌をあげる男」シーズン2は、韓国唯一の動物バラエティとして4月末から放送をスタートし、話題を集めている。シーズン2はシーズン1より、ペットへの情報を強化したスタジオコンセプトを取り入れ、芸能人とペットの関係にさらに焦点を当てた。これからはシーズン1の人気モノだったワンちゃんのウェルシュコーギー三兄弟“大、中、小”の人気を超えるチャウチャウ、シベリアンハスキー、アメリカンブリーなどの活躍が本格的に繰り広げられる予定だ。

「イ・ヨンドンPDの食べ物Xファイル」を改編した「善良な農夫」(仮題) は6月中に放送スタートする。「善良な農夫」は、韓国を代表する料理人のイ・ヨンボクとカン・レオシェフが、全国の土地と海でヘルシーな食べ物を正直に生産している農夫と漁師のところを訪ねるという趣旨の番組で、正直でヘルシーな食べ物を作っている人々の汗と努力をそのまま伝える予定だ。

チャンネルAは視聴者の需要を考慮し、編成を行う。現在、午前6時40分から60分間放送されている子ども向け番組を本日(15日) から20分繰り下げ、午前7時から放送する。また、午後の時間帯に編成してきた「チャンネルA ニュース特報」と、週末に編成された一部の時事番組を廃止する計画だ。