写真提供:マイナビニュース

写真拡大

4月改編で土日の2時間枠をニュースとバラエティに分割するなど、大きな改革を実行したテレビ朝日だが、ゴールデン・プライムタイムの視聴率は、現時点で成果が表れず、TBSに民放2位の座を明け渡している状況だ。

2017年度の視聴率は、5月14日までの6週を経過した時点で、ゴールデン(19〜22時)がテレ朝9.3%に対し、TBS10.1%。プライム(19〜23時)は、テレ朝9.7%で、TBS10.0%となっている。テレ朝は、2016年度通期がゴールデン10.3%・プライム10.6%で、そこからいずれも1ポイント下げており、追い抜いたTBSは、両時間帯で日本テレビに次ぐ民放2位に浮上した。

その要因の1つとして考えられるのが、テレ朝が断行した土日夜帯の大幅改編。土曜日は、21時から2時間枠で放送されていた『土曜ワイド劇場』を終了し、21時台にニュース番組『サタデーステーション』、22時台に『こんなところにあるあるが。土曜・あるある晩餐会』をスタートさせた。

しかし、『サタデーステーション』は、4月22日の初回で8.7%をマークしてから、8.8%→7.3%→6.9%と推移。『あるある晩餐会』は、4月15日の初回2時間スペシャルで7.7%をマークしてから、7.6%→6.8%→6.4%→5.2%となっている。

『土曜ワイド劇場』は、『100の資格を持つ女12』(3月4日)が9.9%、『ドクター大嶋二郎の事件日誌』(3月11日)が11.5%、『監察官・羽生宗一』(4月1日 ※22時〜放送)が9.8%、そして最終回の『西村京太郎トラベル67』(4月8日)が12.9%と堅調だっただけに、改編後の番組が苦戦しているのが分かる。

ちなみに、日曜21時台でスタートした『サンデーステーション』も、4月23日の初回8.0%だったが、以降は6.6%→6.6%→6.3%と厳しい状況。一方で、17年度の全日(6〜24時)視聴率は、この6週平均で7.3%となり、16年度通期と同率を維持している。これは平日デイタイムの情報番組の好調に加え、4月改編で新設した帯ドラマ『やすらぎの郷』(毎週月〜金曜12:30〜12:50)の健闘が大きい。

このように、4月改編からまだ6週の経過とはいえ、課題と成果が表れてきたテレビ朝日。ニュース番組は、大きな事件や政変をきっかけに注目を集めて定着する例も過去にあり、今後の動向に注目だ。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。