韓国国防部の文尚均報道官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は15日、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルに関し「あらゆる技術的な特性を完全に確証した」と主張したことについて、今後追加で検証が必要だとの立場を示した。

 同部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官はこの日の定例会見で、「北が主張する技術的特性、エンジンの信頼性確保などについては追加で検証が必要だ」と述べた。
 その上で「韓米当局は、昨日北が発射した弾道ミサイルの発射高度と飛行距離など、北が発表した内容と同様の情報を共有していた」と説明した。
 また、14日発射された北朝鮮のミサイルに大気圏再突入技術が適用されたかどうかについては、「可能性は低いとみている」と伝えた。
 文報道官は、北朝鮮が公開した最大高度と飛行距離などの情報を日本から受け取ったのかとの質問に対し、「日本と情報共有を行った。関連情報を受け取った」と述べた。
  北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、大型核弾頭の搭載が可能な新型地対地の中長距離戦略弾道ミサイル「火星12」の発射実験が成功したと報道した。
 一方、北朝鮮北東部の咸鏡北道・豊渓里にある核実験場の動向に関して、文報道官は「すでに述べたように、最高首脳部が決心さえすればいつでも核実験が可能な状態だ」とし、「韓米情報当局は関心を持って見守っている」と強調した。
ynhrm@yna.co.kr