マドリード・オープンで優勝を飾ったラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

「クレーの帝王」がマドリードOP5度目V「ここで勝つことは大きな意味がある」

 男子テニスのマドリード・オープンは15日、決勝が行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)がドミニク・ティエム(オーストリア)を7-6、6-4のストレートで下し、5度目の優勝を飾った。今季はクレー大会15戦無敗で3度目の優勝となり、赤土では無類の強さで世界ランク4位に浮上。「クレーの帝王」の神髄を発揮した30歳は「ここで勝つことは大きな意味がある」と歓喜した。オーストラリア紙「ヘラルド・サン」が伝えている。

「ナダルがティエムを下し、マドリード・オープンで今季3度目のクレーでのタイトルを獲得」と報じた記事では今季、ナダルのクレーでの完璧な記録は続く」と記述。ナダルが世界ランク9位の難敵をストレートで圧倒したことを伝えている。

 さらに、今季はクレーコートで行われた大会15勝0敗と圧倒的な成績を残し、最近では今年、このスペイン人は得意とするサーフェスで15勝0敗となったことを紹介。そして、グランドスラム優勝を14度を誇るスペイン人が、10度目となる全仏オープン優勝候補に挙がっていると述べた。

 この勝利により、永遠のライバル、ロジャー・フェデラー(スイス)を超え、世界ランク4位に浮上したナダルは、得意の舞台で実力を遺憾なく発揮したことについて、こう思いを明かしたという。

独特の緊張感乗り越え戴冠「マドリードで決勝を戦う時は本当にナーバス」

「ここでプレーし、勝つことは僕にとって大きな意味がある」

 クレーで行われる全仏オープンの前哨戦。しかも、地元で戦うマドリード・オープンはスペインの至宝にとって格別な思いがあったようだ。さらに、ナダルはこうも語っている。

「マドリードで決勝を戦う時は、いつも本当にナーバスになるし、感情的になるんだ」

 独特の緊張感を乗り越え、特別な地で、新たなタイトルを手にした「クレーの帝王」。今季は全豪オープンを制したフェデラーの復活が大きな脚光を浴びていたが、この30歳もまた眩い輝きを放っている。