画像

写真拡大 (全2枚)

 人工知能への取り組みを加速する目的で、朝日新聞社はレトリバと自然言語処理分野における共同研究契約を結んだ。

 朝日新聞社は、レトリバと自然言語処理分野における共同研究契約を締結した。「自然言語」は、人間が使う言葉の総称で、自然言語処理は人工知能(AI)を支える研究分野の一つである。これにより、両社が保有するデータや技術を共有し、エンジニアが連携して研究開発に取り組む。

 本共同研究の目的は、主に朝日新聞社とそのグループ企業が保有する、ニュース記事に代表される大量の日本語データを、両社のエンジニアが連携して機械学習、特にディープラーニング(深層学習)の技術などを用いて解析し、将来的に両社に利益をもたらす研究成果を創出すること。特許や学術論文の発表により、社外への技術還元も目指す。

MarkeZine編集部[著]