腸閉塞を患った斎藤さん(2017年3月28日撮影)

写真拡大

がんなどの治療で開腹手術を受けたあと、その手術が原因で別の病気になるケースがあるのをご存じだろうか。

腸の中が狭くなったり、ねじれたりして、内容物が詰まってしまう「機械的腸閉塞(機械的イレウス)」だ。原因は、手術中に臓器が傷ついたり、血液が付着したりすることで、腸同士や腸と他の臓器がくっついてしまうことにあり、激しい腹痛や嘔吐を伴うという。

エイジングスタイルの記者が40代で「腸閉塞」を患った斎藤孝幸さん(51歳)に会い、闘病中の話を聞いた。

腎臓がん手術後1か月で異変が

― 開腹手術をするきっかけを教えてください。
斎藤:2013年の夏、40代後半で初期の腎臓がんが見つかり、その年の11月に手術をすることになりました。

― 手術後、腸閉塞になるリスクは知っていましたか。
斎藤:以前、盲腸の手術をした際に医師から「腸閉塞」のリスクを聞かされていたので、知っていました。腸がくっつかないように、手術後は寝てばかりいないでたくさん歩いて腸を動かすようにと言われていました。今回も同じように頑張って歩いたのですが、ダメでしたね。

― 手術後、どのくらいで異変を感じましたか。
斎藤:1か月後くらいからです。最初はちょっとした胃痛かなという程度でしたが、しだいにお腹に差し込むような痛みに変わりました。
腹痛は、何も食べずに水分だけとって休んでいると、半日から長いときで丸1日くらいかけて少しずつ治まっていきました。

― 退院後は、食事制限など気を付けていたんですか?
斎藤:食事は、医師から多少塩分には気をつけなさいと言われたくらいだったので、普段通りの食事をしていました。
何度か同じような経験をして、もしかしたら、これが「腸閉塞」の症状なのかもしれないな...と思いながら、痛みがなく調子がいいときもあったので、病院へは行きませんでした。

鼻からチューブで腸にたまったものを出す

― 最初に病院へいった経緯は?
斎藤:しばらくすると、肉類を食べた半日〜1日後に必ず腹痛が起こるようになったんです。ある日、取引先との商談中に腹痛に襲われ、脂汗が出てきました。なんとか仕事を終わらせて、病院の救急に駆け込みました。着いたときには、痛みで手が震えていましたね。血液検査やレントゲンの後、鼻から「イレウス管」というチューブを入れて腸に詰まったものを吸い取る処置をしてもらったのですが、痛みや吐き気で本当につらかった...。

― それで腸閉塞が治ったわけではない?
斎藤:一時的な処置だったので、治ったわけではありません。退院後は、お腹は空くのに、食べるのが怖いという状態でした。家では妻が食事の支度をしてくれるのですが、私が腸閉塞を繰り返すたびに「何が原因だったのかしら?」と落ち込んでいました。

― 病院から食事指導などはなかった?
斎藤:腸に詰まりそうな肉類や繊維質の多い食べ物はなるべく避けるようにと言われていました。それでも、「ああ、またやっちゃった」っていうのは5回くらいで、入院をしたこともありました。

― 腸の負担にならない料理や食材の情報など、もっと情報があればよかったですね。
斎藤:そうですね。当時は食事をセーブすることで精いっぱいでした。肌は荒れ、髪の毛もパサパサになり、爪は白っぽく変形して割れたりもしました。それまで経験したことのなかった「冷え性」にもなりましたね。見た目も気持ちも老けた印象になって、つらかったです。(次回へつづく

※治療例や効果は個々の症例で異なります。

医師・専門家が監修「Aging Style」