14日、「一帯一路」サミットフォーラムが北京で開幕し、中国の習近平国家主席が開幕セレモニーで演説を行った。仏国際放送局RFIが報じた。

写真拡大

2017年5月14日、「一帯一路」サミットフォーラムが北京で開幕し、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が開幕セレモニーで演説を行った。仏国際放送局RFIが報じた。

2日間にわたる同じフォーラムの開幕セレモニーでスピーチを行った習主席は「一帯一路は各国の発展の道を尊重し、他国の内政に干渉せず、協力によるwin−winを追求する平和の道である」と発言した。

そして中国が設置した「シルクロード基金」に対して新たに1000億人民元(約1兆6400億円)の支援を行うことを約束するとともに、一連の基金によって「一帯一路」構想におけるインフラ建設、生産能力や金融分野の協力をサポートすることを発表した。

さらに、より多くの国を「一帯一路」構想に呼び込むため、発展途上の参加国に対して600億元(約9900億円)の民生プロジェクト援助、沿線の発展途上国に対して20億元(約330億円)の緊急食糧援助を行うほか、途上国同士が支援を行う「南南協力」援助基金に10億ドル(約1100億円)を増資することなどを明らかにしている。

習主席はまた、「一帯一路」構想の貢献ぶりについてもアピール。2014〜16年の間に沿線国との貿易総額が3兆ドル(約340兆円)を超え、累計投資額も500億ドル(約5兆7000億円)を突破したこと、中国企業が20余りの国で56の経済貿易協力エリアを建設し、関係各国において計11億ドル(約1200億円)の税収と18万人の雇用を生み出したと説明した。

開幕セレモニーには29カ国の元首が出席し、アントニオ・グテーレス国連事務総長、ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領らがスピーチを行った。(翻訳・編集/川尻)