写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Stack Overflowは4月19日(米国時間)、「What programming languages are used late at night? - Stack Overflow Blog」において、Stack Overflowへのアクセスを解析して日中(午前9時〜午後5時)と夜間におけるプログラミング別アクセスの違いや、都市からのアクセスの違いなどを伝えた。

Stack Overflowの利用は就労時間として定められていることが多い午前9時から午後5時までが多く、途中昼食と休憩を挟むため12時に利用率が低下する傾向が現れている。この傾向はどのプログラミング言語でも同様だが、C#のようなエンタープライズでの利用が多いと見られる言語ではこの傾向が強く、逆にC言語では午後5時以降も利用率が高い状況が続いている。午後5時以降特に利用率が高いプログラミング言語はHaskellやアセンブラ、OpenGLなどで、業務でのプログラミングと趣味や学習目的でのプログラミングで日中と夜間の利用率が変わっているのではないかと指摘されている。

都市別に見ると、英国、フランス、スペイン、カナダ、オランダ、ベルギーなどの国で午前9時から午後5時までの活動が活発で、逆にロシア、フィリピン、日本、韓国、ウクライナ、米国(サンフランシスコ、ロサンジェルス)などでは午後5時以降もアクセスが活発な状況が観測されている。

(後藤大地)