【詳細】他の写真はこちら

今、モノを買おうと考えた時、有力な選択肢の1つとして絶対に外せないのが世界ナンバーワンの通販サービスAmazon。ただ便利で安いだけでなく、ユーザーの“本音”がつまったユーザーレビューなど、ベストバイへと導く仕掛けも充実している。それらの中でもとびっきりの買い得製品を本誌ライター陣が厳選セレクト! ありとあらゆるものを手軽に手に入れることができるAmazonだが、腕時計に関しては要注意!? 日常生活で身につけるものなので選ぶ際は慎重に。

それでも腕時計は、現物を見てから購入したい



いきなりだが、一部のレアピースをオークションサイトなどで落札する場合などを除き、Amazon.co.jpをはじめ、ネットショップでは腕時計を買うべきでないと考えている。

本誌3月号の特集でも触れられているとおり、腕時計の購入で大切なのは、実際に腕に載せ、重量バランスも含めて自分にフィットするかどうかを確かめること。また(特に高級時計の場合)うっかり並行輸入品をつかんでしまうと、後々アフターサービスを受けられないこともある。大枚はたいて手に入れた時計が使えなくなる可能性を考えると、やはり正規販売店で購入すべきだ。

もしAmazon.co.jpで時計を買うとすれば、条件は何か。ひとつは「失敗しても惜しくない価格帯」であることだ。届いてから「思っていたのと違った」としても、あきらめのつく価格ならいいんじゃない? では、ここに挙げたモデルが「惜しくない価格帯か」と問われれば、それは違う。ここに挙げたのは、もうひとつの条件となる「筆者が一度は手にしたことがある時計」。だからおすすめするのである。

やはり腕時計は実物を見てから買うべき。元も子もない言い方だが、それが間違いない買い方だと思うのだ。

BEST 1

見やすさと装着感に優れたカシオスタンダードの傑作



カシオ

CASIO STANDARD A164WA-1

Amazon販売価格:1270円

【SPEC】ケース素材:樹脂/クロームメッキ、ケースサイズ:36.8×35.0mm

近年、注目を集める“チプカシ”の中でも、メタルバンドの採用に加え、視認性の高さから高い評価を得ているのが、この『A164WA』。長時間着けていても疲れず、勢いで買っても後悔しない、コストパフォーマンスに優れたモデルだ。

ここが推しの理由



▲軽量で、しかも自分の腕のサイズに簡単に合わせられるので、腕に吸い付くような着け心地が得られる。日常使いに最適。

BEST 2

日本デザイン界の巨星が遺した理想的な1本



ALBA

RIKI AKPK401

Amazon販売価格:7560円

【SPEC】ケース素材:ステンレス、ケース径:34mm

“ジャパニーズデザインのパイオニア”である渡辺力氏のデザインスピリットを受け継いだ腕時計はいずれも、シンプルで見やすく、そして着けやすい。このモデルも、独特のアラビア数字が時刻の判読性を高め、34个離院璽好汽ぅ困馬咾砲垢辰伴まってくれる。

ここが推しの理由



▲ステンレススチールを用いたバックルは、三つ折れのプッシュタイプ。着脱が行いやすく便利だ。

BEST 3

初めての機械式にも最適なスウォッチの革新モデル



スウォッチ

SISTEM51 SISTEM NAVY SUTN400

Amazon販売価格:1万8360円

【SPEC】ケース素材:プラスチック、ケース径:42mm

通常、少なくとも100以上ものパーツで構成される機械式時計。しかし、2013年にスウォッチが発表した『システム51』は、パーツ数わずか51。そのパーツも、オートメーションで製造される画期的なモデルだ。

ここが推しの理由



▲ケースバックはシースルー仕様。歯車やテンプの動きを確認できるのは、機械式時計ならでは。

BEST 4

ネットでも迷わずポチれるド定番タフウォッチ



カシオ

G-SHOCK ORIGIN

G-5600E-1JF

Amazon販売価格:1万円

【SPEC】ケース素材:樹脂、ケースサイズ:46.7×43.2mm

多彩なモデルを展開するG-SH OCKの中にあって、初代のデザインを継承した5600のタフソーラーモデルは、なおも高い支持を獲得。こちらは、1987年に発売された『DW-5600C』の配色を採用。クラシカルなデザインはやはり魅力的だ。

BEST 5

フォッシルらしい遊び心ある色使いが印象的



フォッシル

Q CREWMASTER FTW1124

Amazon販売価格:2万5920円

【SPEC】ケース素材:ステンレス ,ケース径:46mm

アナログウォッチの表情ながらもスマートフォン連携を実現させた、フォッシルのハイブリッドスマートウォッチ。ヨットに着想を得たというデザインは、同社らしい鮮やかな色使いで、これからの季節に着けたくなる1本。

文/竹石祐三

※『デジモノステーション』2017年5月号より抜粋

※掲載しているAmazon販売価格は2017年5月1日時点のものです。

また、記事の内容についてアマゾンジャパン合同会社は一切の責任を負いません。

関連記事



専門家に聞く腕時計選び。5万円前後でも絶対に失敗しない“1本目”の法則

目から鱗! 5万円前後でも「美麗デザイン腕時計」はこれだけ選べる