写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTデータは5月12日、同社が提供している各種金融業務の自動化サービス「ANSER」のシステム基盤や運営ノウハウを利用した、金融機関向けクラウドサービスとして「OpenCanvas」を開発し、9月の提供開始を目指すと発表した。

新サービスは、各種APIおよび、その管理機能などを備え、ANSERが持つ本人認証機能や金融機関システムとの接続基盤を利用したクラウドサービス。

金融機関は新サービスの利用により、Fintech関連技術を持つ企業(Fintech企業)と各金融機関サービスを、APIを通じて連携可能となり、新たなFintechサービスを効率的かつスピーディーに提供が可能になるという。

新サービスの特徴として「金融機関によるAPI提供を安価かつ迅速に実現」「多様なFintech企業との連携が可能となる共通API仕様」「セキュアなクラウド環境による安心・安全のサービス提供」の3点を挙げている。

APIの提供に関しては、金融機関はAPI提供の際に必要となる本人認証機能、API管理基盤、インターネットとの接続基盤、金融機関システムとの接続基盤について、既存設備の流用が可能となるため新規に開発する必要がなく、コスト削減と迅速なサービス提供が可能となる。

共通のAPI仕様については、同サービス上に各金融系APIを集約し、API仕様を一定のルールで共通化。これにより、Fintech企業にとっては、複数の金融機関と接続する際に個別の金融機関のAPI仕様に合わせた開発が不要・最小化が図れるため、効率的な開発を可能としている。金融機関は、同サービスのAPI仕様に対応するFintech企業が増加することで、多様なFintechサービスの展開ができるという。

セキュアなクラウド環境に関しては、IPS(Intrusion Prevention System、侵入防止システム)やWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を備え、各金融機関が共同利用できるプライベートクラウドとして提供する。

同社は、新サービスをベースに金融機関が世界各国のFintech企業と新たなFintechサービスを創出できるよう、クラウド・サービスの提供に加え、同社が毎月開催しているオープンイノベーションフォーラム「豊洲の港から」などを通じ、金融機関と世界各国のFintech企業とのオープン・イノベーションの実現を支援する方針だ。

(山本善之介)