ルノー カングー アン プロヴァンス。(画像:ルノー・ジャポン発表資料より)

写真拡大

 ルノー・ジャポンは、全国のルノー正規販売店において6月8日から、「ルノー・カングー ゼンEDC」をベースモデルとした70台限定車「ルノー カングー アン プロヴァンス」を発売すると発表した。メーカー希望小売価格は税込264万円、リサイクル料金は1万9,380円。ボディーカラーはオランジュエセンタルM(メタリック)のみとなる。

【こちらも】ルノーのクロスオーバー「キャプチャー」の特別仕様車2モデル登場

 専用装備は、このボディーカラーの他、シルバー&ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、シルバードアミラー、専用CABANAシートカバー。

 ルノー カングー アン プロヴァンスは、その名の通り、南フランス・プロヴァンスの陽光をイメージしたモデルだそうで、ルノーと同様にフランスのブランドであり、またプロヴァンス発祥であるコスメティックブランド「ロクシタン」とコラボレーション、共同イメージ戦略を取っている。

 成約記念品として、ロクシタンのコスメが贈られ、ヴァーベナのUVフレッシュボディローション、アイスハンドクリーム、リフレッシングタオレッツ3カセット、アウトドアミスト、ドライビングトート、そしてアウトドアリストバンドがキットになっている。

 そのほかにも、「L'OCCITANE ヴァーベナドライビングキットプレゼントキャンペーン」と号し、同キットの抽選プレゼント(抽選で5名に当たる)も行われている。こちらは、ネット上のエントリーフォームからメルマガに登録し、簡単なアンケートに答えることで抽選を受けることができる。

 最後に、ベースモデルであるゼンEDCのスペックについて簡単に紹介しておこう。乗車定員は5名、エンジンはターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブで総排気量1,197L。燃料消費率は、国土交通省審査値、JC08モードで14.7km/Lとなっている。