ノーベル賞学者に学ぶ仕事の価値の計り方

写真拡大

若き新大統領が誕生したフランス。かつてフランスでは「豊かさ」や「幸せ」を、GDPとは違う指標で計ろうとしたことがある。挑んだのはノーベル賞学者のスティグリッツらだ。日常における仕事の価値や人間の感情など、数値化の難しいものを計るには、どうすればいいのだろうか。

■GDPでは表せない、人間感覚の経済指標

結果次第では、また世界が大きく揺らぐのではないかとされたフランスの大統領選挙で、エマニュエル・マクロン氏が選出された。1848年にナポレオン3世が40歳で大統領に就任したのを更新し、39歳はフランス史上最年少の国家リーダーの誕生だ。マクロン氏は、「落ち込んだ経済を再生し、共和国を守る」としている。

かつてフランスでは、ニコラ・サルコジが大統領だった時代に、GDPに代わる新しい経済指標を模索していた。“幸せの価値”を測ろうとして招集したのが「経済指数と社会進歩を計測する委員会」、通称「スティグリッツ委員会」。ノーベル賞を受賞したジョセフ・スティグリッツを始めとする経済学者たちを集め、新しい数値的な指標を作るための報告書を作成した。

私たちは数値で示された指標には納得しやすく、信用しやすい。しかし、“豊かさ”などの曖昧な感覚を数値にするのは極めて難しい。そこでスティグリッツらは、指標に必要になるだろう要素を挙げていった。そこには、数字では割り切れない個人の感覚に頼るものも多くみられる。

幸せの価値や豊かさなど、数字で測れそうもない曖昧なものを測ろうとする目録の要素とは、どのようなものだろうか。

■経済学者が計る豊かさ、心理学者の自己実現の幸せ

スティグリッツらが「経済指数と社会進歩を“計測する”」ために加えるべきだとしたのは、次のような内容だった。

・経済の評価・健康・教育・安全など、あらゆる要素を含めること。
・所得格差・所属可能性が与える影響を測る方法を考案すること。
・次世代に残る価値も現在の経済評価に含めること……など。

特に社会進歩に関しては、

(1)健康状態や教育、個人の行動
(2)主観(実際のインフレではなく感覚的なインフレ)
(3)不平等の度合い

といった、経済的な数字以外の“主観”“感覚的なこと”を含めている。

こうしてスティグリッツは、GDP拡大だけを目指せば生活の質が悪くなる可能性を指摘したものの、結局は数値指標の算出法について最終的な明言はしなかった。けれども、数字では割り切れない人の感覚を含めた上で数値化することが大切だということは伝わるだろう。その人がどう感じたか、欲求がどの程度満たされたかも含めた経済指標にしようというわけだ。

ではここで、数値化が難しいであろう“人の欲求”について考えてみよう。

■欲求は生理的なものから自己実現へ

たとえば心理学者アブラハム・マズローの有名な欲求階層説では、人間の欲求を5階層に分けている。その流れでは、生理的な欲求が満たされると、さらに高度なレベルの欲求を満たそうとし、最後には自己実現を果たしていく。生理レベルの底辺から徐々にピラミッド型の欲求を満たそうとするのが人というわけだ。

人の欲求を5階層に分けた欲求階層は、ピラミッド型の底辺から頂点に向けて次のようになる。

・生理的欲求(食事・睡眠・排泄など)
・安全の欲求(経済の安定、安全性、健康状態の維持など)
・社会的所属と愛の欲求(社会に必要とされる、社会に役割があるなど)
・承認(尊重)の欲求(集団から価値を認められる、尊重されるなど)
・自己実現の欲求 (自分の能力と可能性を発揮し、具現化するなど)

欲求の5階層をよく見てみると、たとえばビジネスでは生理的な欲求が満たされる以上に、より高度な“自己実現”に向かう方が満たされ、やる気が出るだろうことがうかがえる。「とにかく食べられればいい」状態より、「自分の可能性を存分に発揮できる」方が、欲求はより満たされるだろう。

マズローはこれを、個人レベルから集団レベルへの応用を試みようとしたが志半ばで終わった。だが最近では、こうした人の活動を経済指標に組み込むことで、より経済活動の実態をとらえられるという考え方になってきている。

政治でもビジネスでも、日常的につい目に見える数字に気を取られがちなものだ。とはいえ、たとえばビジネスなら知的財産や会社の文化やブランドへの忠誠心といった、目に見えないものが大切だと理解している人は多い。ところが、それを「測る」「数値化する」となると、明確な測定の基準がないために、私たちはまた経済的利益や数字ばかりを追いがちになる。

こうした目に見えないものを、分析をもとに導きだした指標の一つが、ご存じブータンのGNH(Gross National Happiness 国民総幸福量)だ。それは、どのような方法なのだろうか。

■心理的幸福度で測る仕事の価値

GNHでは、必須4事項と主要9指標、72の測定基準を使って幸福指数を測定している。たとえば、主要9指標にはこんな言葉が並ぶ。

▼国民総幸福量の主要9指標

(1)心理的な幸福度合い(2)健康(3)時間の使い方(4)教育(5)文化の多様性と復元力(6)統治(7)コミュニティのバイタリティ(8)生態系の多様性と回復力(9)生活水準

主要指標の一つには、「1日の時間の使い方について 国民はどう感じているか」が挙げられているなど、国内総生産の計算には含まれない、現代人が抱える問題を含んでいるのが特徴といえるだろう。

ビジネスにおいても、自分のチーム、会社、あるいは自分自身にとって価値を生み出しているものを導きだすために、ブータンのGNHやスティグリッツの指標を応用してみるのもおもしろそうだ。こうした人間の感情や欲求を理解して働きやすい環境を作り、モチベーションを上げることが、結果として仕事での利益につながるものだからだ。

またたとえば人生においては、健康、時間の使い方、コミュニティのバイタリティ、生活水準などを指標として仕事の価値を測ってみるのもいい。

では、私たちの仕事の価値を導き出すために、ブータンのGNHやスティグリッツの指標を応用してみたい。こうした指標は主観によるため、非科学的だとする意見もある。だが、自分や周りのことなら、上記のような働きやすさや健康面などの主観に加え、給料や労働時間などの客観的な数値も両方をそろえやすいだろう。

例えば、スティグリッツやマズローになぞらえて項目を挙げ、ブータンのように正負の感情から1〜10段階の分けて点数化してみる。すると、自分自身がどれくらい仕事に時間を割くべきかという価値の指標にもなるし、チームメンバーや社員の欲求を具体的に汲むこともできそうだ。

・生理的欲求(衣食住が足りるか、など)
・安全の欲求(経済の安定、健康状態の維持、時間の管理など)
・社会的所属と愛の欲求(仕事の割り振りなど)
・承認の欲求(立場や階級など)
・自己実現の欲求(自分の能力と可能性を発揮、具現化など)

各項目に、自分の現状に即した内容を書き込んで、1〜10で点数化するとより分かりやすい。これで客観的に自分の状況を把握したり、以前の会社や部署との比較、他のメンバーの価値観を知る……などさまざまな方法に役立てることができるだろう。

こうした人間の感情や欲求を理解して働きやすい環境を作ると、モチベーションが高まるものだ。人生においては、健康、時間の使い方、コミュニティのバイタリティ、生活水準などを指標として、その中での仕事の価値を計ってみることもできるだろう。

こうしたことを複合すると、一番大切なのは「心理的な幸福度合い」という結果になるかもしれない。個人の感覚によるところが大きな側面ではある。だが、たとえば少しくらいの給料の違いなら、人とのつながり、自分が望む結果や満足度の高さを重視したほうが、“自己実現度”の指標での評価は高くなるだろう。こうして自分にとっての仕事の価値を知り、自分なりにその評価を高く保つ工夫ができれば、結果として仕事のパフォーマンスにもつながりそうだ。

[注釈・参考資料]
YOMIURI ONLINE , ナポレオン3世超え最年少大統領…親EU維持, 2017年5月8日
日経新聞, 仏大統領選、マクロン氏圧勝「フランスの価値守る」 2017年5月8日
ニッセイ基礎研究所、幸福度指標開発に向けた期待
Newsweek日本版, サルコジが推す「豊かさ」新指標
みずほ総合研究所、エコノミストEyes, 幸福度指標で経済成長の「質」を測る環境省、平成23年度 環境経済の政策研究 持続可能な発展のための新しい社会経済システムの検討と、それを示す指標群の開発に関する研究 最終研究報告書
Chip Conley, Measuring what makes life worthwhile, Ted 2010ddd

(コミュニケーション・アナリスト 上野 陽子)