SNSで話題!「品乳ブラ」の社長は美大生

写真拡大

ツイッター上で話題の現役美大生社長がいる。自身の体形コンプレックスから胸が小さい人向けの下着や、細身の人向けのワンピースのデザインから販売までを手掛ける。SNSを基点にビジネスをする、ミレニアル世代の声を聞きにいった。

■「品乳ブラ」をなぜつくったのか

【田原】ハヤカワさんは胸の小さい人向けのブラジャーや細い人向けのワンピースのブランドを立ち上げた。きっかけは何ですか。

【ハヤカワ】高校生のころ、自分が着たいと思えるようなデザインのタイツがなかったんです。それなら自分で好きな柄を入れようと思って、カラースプレーを吹きつけてオリジナルのタイツをつくりました。それを予備校にはいていったら、友達から「いいね、私も欲しい」とお願いされてつくるように。それがブランドをつくった最初のきっかけです。

【田原】欲しい人には販売してた?

【ハヤカワ】はい。リアルな友達だけじゃなく、ブログの読者も「欲しい」と言ってくださって、ネットを通して通販も始めました。

【田原】どのくらい売れたのですか。

【ハヤカワ】最初のうちは10〜20足でした。でも、どんどん増えていって。自分でつくったものを販売するイベントがあるのですが、高校3年生のときはそのイベントで一日に200足がすごい勢いではけちゃいました。

【田原】一足一足、手づくり?

【ハヤカワ】最初は自分でつくってました。でも、受験勉強を頑張ってたので、高2のころにはもう時間を割けなくなって、工場にお願いするようになりました。ネットで探すと、「何足いくらでやります」というところがありまして。

【田原】工場に発注して売るとなると、立派なビジネスだ。タイツはどれくらい儲かったのですか。

【ハヤカワ】タイツは1足5000円。高校の3年間で、300万〜400万円くらい売り上げがありました。原価が高かったので、自分の手元に残ったのは30万〜40万円でしたが。

【田原】タイツはいまも売ってるの?

【ハヤカワ】高校卒業を機にやめてしまいました。高2の終わりごろからオリジナルプリントのタイツをつくられる方が増えてきて、競争率が高くなってきたんです。このままやっていても市場的に厳しいことはわかっていたので、いったん切りました。

【田原】デザイナーというより、経営者視点ですね。

【ハヤカワ】タイツをつくる前から、ネットオークションで買ったものを転売してお小遣い稼ぎをしていました。たとえばハロウィンでかぶるような色のついたカツラをオークションで買って、自分で写真を撮ってネットに載せると、けっこうな値段で売れたりして。一番多いときで月10万円くらいになってたかな。経営という感覚はなかったですが、そういうのはおもしろいと思ってました。

【田原】でも、ハヤカワさんは美大に進学される。ということは、やっぱりデザイナー志望だった?

【ハヤカワ】はい。ただ、デザイナーといっても、グラフィックやポスターのほうです。服飾のデザインもやってみたかったのですが、そちらは専門的な知識が必要。それよりも広告のデザインでかかわりたいなと。

【田原】どうして? 洋服がお好きなら、そのデザインをやればいいのに。

【ハヤカワ】中学生や高校生のころ、せっかくいいものをつくっているのに、なかなか売れていない人たちが大勢いたんです。価値あるものを人に届けるためには、伝え方をしっかり考えないといけない。そう考えて、広告の勉強ができるグラフィックデザイン科に進みました。

【田原】大学入学後、ランジェリーブランド「feast」(http://feast.tokyo/)をおつくりになる。

【ハヤカワ】もともと、自分のブランドを立ち上げたいという漠然とした夢を持っていました。たまたまタイツの売り上げで手元にお金もあった。それでまずワンピースをつくって展示会に出しました。そのあと、自分の体形のコンプレックスを解消できる商品をつくろうと、大学1年生の6月に立ち上げました。

【田原】体形にコンプレックスがあったのですか?

【ハヤカワ】体が細くて小さいと、人に対して強く出られず、いじめの標的にされやすいんです。実際、私は小学生のころにいじめられた経験があって、細身であることや胸が小さいことがコンプレックスになっていました。

【田原】そのコンプレックスをむしろ強みにするために、胸の小さい人向けのブラジャーをつくろうとしたわけね。よく知らないけど、市販でそういうブラジャーは売ってないの?

【ハヤカワ】売ってないです。たとえばショッピングモールに下着屋さんが3店舗入っているとします。ぜんぶ回っても、私の体に合うサイズは2着あればいいほう。しかも、なんとか見つけた2着もデザインがかわいくない。これは自分で何とかするしかないなと。

【田原】ハヤカワさんのような悩みを抱えている女性はほかにもいるんでしょう? どうしてメーカーは小さい人用をつくらないのかな?

【ハヤカワ】数が少なくて、コストに見合わないからだと思います。ブラジャーって、サイズが変わっても価格は基本的に同じ。胸の小さい人用は生産数が少ないのでコストがかかるのに、よく出るサイズと同じ価格でしか売れないとなれば、そもそもつくるのをやめようという話になる。

【田原】たまに小さい人用のものがあっても、デザインがかわいくないと。それはどうしてだろう。

【ハヤカワ】特徴的なデザインだと売れ残る可能性があるから、シンプルで無難なデザインにせざるをえないのでしょうね。私から見たら、大きい人のほうがかわいいやつがたくさんあってうらやましいなと。

■胸が小さい人はどうしてるの?

【田原】素朴な疑問ですが、胸の小さい人用のブラジャーがないとしたら、胸の小さい人はどうしてるんですか。

【ハヤカワ】靴と同じです。足のサイズの小さい人は、「ワンサイズ大きいのを買って中敷きを入れてください」と言われますが、下着もショップに行くと、「一番小さいサイズを買って、あとは詰め物で調整して」と言われてしまいます。

【田原】それは大変だ。

【ハヤカワ】女性にも見栄があるので、「ワンサイズ大きいやつでもいい」と言われたら、つい買っちゃうんですよね。でも、これは問題。メーカーは、サイズをしっかり測って自分に合ったものをつけましょうというキャンペーンをよくやっています。でも一方で、「小さい人は詰め物で調整を」ということを公式に言っています。胸の小さい人からすると、「いったい何なの?」っていうのが本音です。

■ツイッター投稿で400着を受注

【田原】ハヤカワさんはサイズが小さくて、かわいいブラジャーをつくろうと思った。タイツのときみたいに、すぐつくれたんですか。

【ハヤカワ】下着も最初は手づくりでした。友達と一緒にミシンでつくって、「品乳ブラ」としてツイッターにアップしました。そうしたらすごい反響があって。

【田原】どんな反響があったんですか。

【ハヤカワ】当時、私のフォロワー数は300人前後で、発信力はほとんどありませんでした。それなのにアップしたら1万5000リツイートしてもらえて。でも、最初は批判も多かったですよ。「胸の大きい人のほうが、かわいいブラを選べないのに」とか、「胸の小さいやつに人権はない」と言われたり。人権がないというのは、冗談にしてもひどい。翌日学校を休んでしまうくらいショックでした。

【田原】いい反響もあったんでしょ?

【ハヤカワ】「こういうブランドを待っていた」という声をたくさんいただいて、注文を募集しました。タイツの販売を始めたときは20〜30足だったから今回も同じくらいだと思っていたら、400着も来てびっくり。慌てて工場を探しました。

【田原】400着は手づくりできないよね。工場は見つかったんですか。

【ハヤカワ】プリントのタイツのときは、プリントTシャツをやっている工場があるだろうとあたりをつけられたのですが、下着の場合はまったく見当がつかなくて。とにかく都内の工場に片っぱしから電話をかけて、何とか縫ってくれる工場を見つけました。工場を見つけるまで時間がかかって、お客様をお待たせしてしまいましたが、最終的にはきちんとお届けできてよかったです。

【田原】400着を工場に発注するとなると、それなりにお金がかかりますね。

【ハヤカワ】タイツの売り上げをそのまま使いました。それだけではちょっと足りなかったので、資材をコストカットしたり、一部に関しては後払いでお願いしたりして、何とかやりくりしました。

【田原】 「feast」のブラジャーは、一般的に売ってるものと何が違うのですか。サイズが小さいだけ?

【ハヤカワ】大きく違うのは素材です。一般のブラジャーはアンダーの部分が硬くて、肋骨のまわりのサイズを測って合ったものを購入します。でも、私たちのブラはゴムで伸縮するので、サイズが1〜2センチ違っても問題なし。細かいサイズは気にしなくていいので、ネットでも買いやすいと思います。あと、人間の体って左右対称じゃない。じつは右だけ大きいとか、背骨がゆがんでいて左右でズレてるという人もいて、そういう人は左右対称の硬いブラジャーだとすごく痛いんです。でも、ゴムだから左右非対称でもフイットしやすい。ここが一番の特徴です。

【田原】デザインはどうですか?

【ハヤカワ】市販のものはシンプルで無難だったり、ちょっと攻めていても、男性の視線を意識したセクシーなものが多い。だから私たちは女子から見たかわいさを追求したデザインを意識しています。そのぶん、男性からはウケが悪いようですが。

【田原】男性と女性じゃ好きなデザインが違うんですか?

【ハヤカワ】違いますね。下着会社の経営幹部って男性が多いんです。そのせいか、結局は男性目線になって、胸を寄せて上げたほうがいいとか、谷間を強調できたほうがいいという発想になる。でも、それって体に無理をさせているわけだから、女の子からしたらしんどいです。

【田原】男性はどうして寄せるのがいいと思うんだろう。

【ハヤカワ】私もわからないです。田原さん、自分の胸に聞いてください(笑)。一つ加えると、胸が大きいほうが勝ちだと思っている人は男性だけじゃなく、女性にもいます。社会的なものなのかわからないですが、そういう価値観にとらわれるのはとても残念。「feast」のブラジャーで、小さくてもかわいいということが伝わればいいなと思っています。

【田原】デザインに凝っているということは、価格も高くなるのですか。

【ハヤカワ】若い女性向けの中国製の量産品に比べれば高めで、日本製と比べれば逆に安いですよ。ロットを積めないのはコスト面で不利ですが、よくある素材でつくられているので、小ロットにしては低コストで生産できています。

【田原】客層はどうですか。ターゲットは若い女性?

【ハヤカワ】お客様は高校生が多いのかなと思っていたら、じつはそうでもなくて。意外に多いのは主婦の方です。しかも胸の小さな方だけじゃなくて、着ないけど観賞用に買うとか、クローゼットにかわいいブラをしまっておきたいという方もいます。予想外でしたが、それもうれしいですよね。

■起業しても、美大に通う理由

【田原】ハヤカワさんは2015年にウツワを立ち上げる。法人化したのはなぜですか。

【ハヤカワ】当初は起業に興味がなかったんですが、知り合いから「売り上げが1000万円を超えたら、法人化しないと大変だよ」とアドバイスされまして。

【田原】過去の記事を読むと、「お金を稼ぐことに興味がない」とおっしゃっていますね。

【ハヤカワ】タイツを売っていたころは、利益を出すのは悪いこと、儲けるのは卑怯なことだという感覚がありました。下着も最初は同じでしたが、やっていくうちに、しっかり利益を出さないと、欲しいと言ってくださる方に商品を届けられないことに気づきました。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、私が見たいのは、お客様が喜んでいる姿。そのためには、しっかり利益を出すことが大切。いまは、そう考えています。

【田原】なるほど。年商はどれくらいになりましたか。

【ハヤカワ】4700万円です。

【田原】従業員は何人ですか。

【ハヤカワ】いまは私とフルタイム3人のほかはバイトです。大学卒業までに社員は6人以上にしたいですね。昔は雇用に興味はありませんでしたが、実際に経営を始めると、うちのブランドで食べていける人が増えるのは素敵なことだと思うようになりました。いまは経営者として人を雇っていきたいという気持ちが強いです。

【田原】すっかり経営者の顔になっていると思うけど、まだ学校に通ってらっしゃる。もう行かなくてもいいのでは?

【ハヤカワ】よく言われますが、あと1年なので、卒業はしておこうかなと。広告の勉強もためになりますが、美大だから優秀なクリエーターが多くて、そういう人たちと知り合えることが私の中で勉強になっています。

【田原】仕事と学校の両立はどう?

【ハヤカワ】私、プライベートと仕事を分けないタイプなんです。たとえば大学の休み時間に仕事のメールをしたり、仕事の合間に授業の課題のことを考えたり。ここは大学だからとか、ここは会社だからと区別せず、つねにどちらかをやっている状態です。

■店舗は在庫なしのディスプレー型に

【田原】一つ聞きたい。ハヤカワさんはツイッターで商品を拡散させた。とても現代的だと思うけど、拡散させるのに何かコツはあるのですか。

【ハヤカワ】あとから振り返ってわかったのですが、ネット上では議論の余地のあるものがバズり(話題になり)やすい。たとえば政治家の誰々がこう言ったという話は、「この意見は正しい」「いや、間違っている」と両方から拡散されます。「品乳ブラ」も同じで、「俺は大きいほうが好き」とか、「私は小さいからうれしい」とか、それぞれの意見が出てきて盛り上がった。当時は何も考えずにやっていましたが、最近は意識して狙っています。

【田原】「ハヤカワ五味」は本名じゃないそうですね。SNS用ですか?

【ハヤカワ】そうですね。タイツをつくっていたころから「ハヤカワ五味」と名乗ってました。小学生のときに漫画家を目指していて、「ハヤカワ」はそのときのペンネームからつけました。あと、当時2ちゃんねるで「ゴミを量産するな」と叩かれたことがあって、そこから「五味」をくっつけて、「ハヤカワ五味」です。

【田原】両方、名字みたいに聞こえます。

【ハヤカワ】はい。私は下の名前で呼ばれることが少なかったので、いざ呼ばれると調子に乗っちゃうんです。それはいけないなと思って、どちらも名字風にしました。

【田原】本名じゃダメですか。

【ハヤカワ】いまは本名を知られてもいいかな。でも、当時はネット上で本名を晒すのは危険という意識が強くて。ストーカーの事件とか聞くと、ちょっと怖かったです。

【田原】将来の展開を教えてください。ブラジャーはいま通販ですね。お店を出すことは考えない?

【ハヤカワ】1年以内に出したいです。ただ、一般の店舗と同じように店舗用に在庫を抱えるのは大変なので、通販の倉庫兼店舗にしようかと考えています。あるいは、ディスプレー型店舗もいいかな。店にはディスプレーだけあって試着ができて、購入はネットでお願いしますという形です。これなら余計に在庫を抱えなくていいので。

【田原】ハヤカワさんご自身の将来もうかがいたい。聞くところによると、いま就活をしてるんだって?

【ハヤカワ】はい。でも、ゲーム会社にエントリーしたら、さっそくエントリーシートで落ちました。なぜか不採用通知が2回届いて、精神的にダメージくらってます(笑)。

【田原】経営者なのに就職するの?

【ハヤカワ】自分の会社って、私に決裁権があるから自由にできるじゃないですか。でも、人に雇われる経験も一回はしてみたい。私が人の下で働いたらたぶんいろんな問題が起きると思いますが、そういったものに向き合うことで、社員が持つ不安や不満がわかるんじゃないかと。

【田原】正社員と両立できるかな。

【ハヤカワ】もちろん自分の会社は続けていくので、週2〜3日で働ける会社がいいですね。強気すぎて、たぶん落ちると思いますが……。

【田原】はは、落ちてしまったら意味ないじゃない。

【ハヤカワ】それでもいいんです。これから私も自分の会社で採用を増やしていきますが、人にどういう質問をすれば本心を見極められるのか、さっぱりわからなくて悩んでます。自分で就活して人事の方と話すだけでも、勉強になるかなと。

【田原】つまり取材のための就活だ。

【ハヤカワ】そこを強調すると落ちてしまうので言わないでください(笑)。実際、本当に就職するかどうかは内定をもらってからもう一度検討するつもりでいます。でも、少なくても気持ちは「行くぞ」という感じで真面目にやってますよ。

【田原】結果が楽しみですね。頑張ってください。

■ハヤカワさんから田原さんへの質問

Q. 田原さんが考える、美しい女性とは?

個人の好みを言っていいですか。僕がいままでつき合ってきたのは、みんな主体性があって、自分の考えをきちんと言える人でした。いまは自己主張できる女性が珍しくないけど、昔は黙っていることが美徳だったから、自分の意見をハキハキ言える女性は輝いて見えた。ちょうど今日のハヤカワさんみたいな感じですよ(笑)。

いまだったら誰に美しさを感じるか? たくさんいますが、最近目立つのは小池百合子東京都知事でしょう。彼女は自分の意見をしっかり言うだけじゃなく、勝負師でもある。女性に限った話じゃないけど、何か大事なものを懸けて勝負している人の姿は美しい。そういう女性がさらに増えるといいですね。

田原総一朗の遺言:勝負している女性は美しい

----------

編集部より:
次回「田原総一朗・次代への遺言」は、Tokyo Otaku Mode 会長 亀井智英氏のインタビューを掲載します。一足先に読みたい方は、5月8日発売の『PRESIDENT5.29号』をごらんください。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。
 

----------

(ウツワ 社長 ハヤカワ 五味、ジャーナリスト 田原 総一朗 構成=村上 敬 撮影=宇佐美雅浩)