『ゲーム・オブ・スローンズ』

写真拡大

この夏放送されるシーズン7の内容について、さまざまな憶測が飛び交っている大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。撮影現場では情報の漏洩を防ぐため、厳しい体制が敷かれているという。

本作でデナーリスの側近ミッサンディを演じるナタリー・エマニュエルは、Expressのインタビューで、「たしかに脚本を受け取れる人は狭まりましたし、受け取り方も厳しくなりましたね。脚本はデジタルコピーを読まないといけなくなりました」と話している。

さらにナタリーは、「メールの二段階認証を設定しないと、脚本を送ってもらうことができません。リハーサル中に受け取った通達事項も、署名して撮影セットを出る前に返却しないといけないんです。返却しないと、するまで追い回されるんですよ」と続けている。

世界中から注目を浴びる『ゲーム・オブ・スローンズ』では、かねてから、撮影現場の様子を撮影しようと不審なドローンが飛行するなど、騒ぎが絶えない。前シーズンでは、場面や登場人物を示す暗号が撮影関係者の間で用いられ、プレス向けの先行試写は行われなかったことなどが伝えられているが、今シーズンではさらに緊張が高まっているようだ。

待望の『ゲーム・オブ・スローンズ』第七章は、スターチャンネルにて7月17日(月・祝)より日米完全同時放送。(海外ドラマNAVI)